« 雨の麦草 | Main | 豪雨でした »

Sunday, September 21, 2008

ネット接続できるTV 2

TVのPC化は間違いだとしても、ネット接続への流れは避けられない。

いまはネット接続するメリットが薄く、一般ユーザには倦厭されていても、そのうちメジャーになると信じている。

地上波でやっている番組のターゲットが20代から30代前半となれば、団塊そして団塊ジュニアの好みにあわせた番組は提供されない。今後5年10年するとより傾向は強くなる。ここでロングテールにあわせた番組の提供は、インフラの整うネットしかない。

VODこそがネットのアプリ。やはりニーズに応えることが王道。ニーズを強引に作り出すことはTVメーカや、それこそプロバイダーの仕事ではない。一般ユーザが自らニーズを作る雰囲気を醸し出すはず。

アクトビラが一皮むければ、それなりのインフラに成長すると期待している。

|

« 雨の麦草 | Main | 豪雨でした »

Comments

NHKオンデマンドが12月から始まりますね。有料モデルがどの程度浸透するのかわかりませんが、成功すれば、いまは様子見の民放も参入して、もっと番組が充実するといいですよね。

Posted by: Capy | Sunday, September 21, 2008 at 20:08

USや韓国ならCatch Up TVという名前で見逃し番組のネット配信はビジネスとしてなりたっています。日本ではNHKだけができること。なにしろ民放はすべての都道府県にまんべんなく会社をつくり、その利権を政治家がうける体制にしました。

フジの月9が宮崎では土4のように、IPでこえてしまうと、見逃しの垣根ができません。スポンサーのちからもおおく、再放送ですら、おなじ業界のCMはうけられない。民放でVODをすることは現時点では不可能で、この傾向はおそらく5-10年しても変わらないでしょうね。

Posted by: おがわ | Sunday, September 21, 2008 at 20:45

ネットワークを生業としていう自分は
IPv6の方が興味ありますし、反面どーすんだヨ!
てな感じです。coldsweats01
冷蔵庫までIPアドレス振る必要ないじゃん。。。。
なんにせよ"法を作成”した人が勝ちなのは
変わりませんね。run

Posted by: にしご | Tuesday, September 23, 2008 at 00:27

冷蔵庫のネット接続化は昔議論されましたね。ずっと電源はいっているから家庭のサーバ機能をもたせようって話で。

でもメリットがいまひとつ。もはやヒトに対して明確なメリットを提供する製品、サービスはないため、強引にニーズを作り出すしか、マーケットが作れない状況になっています。セールスではなく、布教、洗脳に近い。

サーバ機能、検索機能はPCにまかせておいて、みたいものを綺麗な画像でみたいときに提供するのがTVの理想だと思う。あとは音ね。真のサラウンドを家で享受しているひとはほとんどいないはず。

情報端末としてのTVだと、おいらの理想型はMSのSurfaceっていう概念に近いんだけど。。きっと受け入れられない。

Posted by: おがわ | Tuesday, September 23, 2008 at 22:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/42544285

Listed below are links to weblogs that reference ネット接続できるTV 2:

« 雨の麦草 | Main | 豪雨でした »