« 回復走 | Main | 回復走 2 »

Tuesday, September 09, 2008

さよなら なっちゃん

東北から北海道にかけてくるまたびをして感じたことだけど、地方の疲労感、寂寞感って思った以上だった。

奥多摩や秩父方面によくチャリでいくから、それなりに地方の匂いは感じていたけど、地方都市の経済力格差までは理解できてなかったなぁ。経済って人間活動の一断面でしかなくて、新聞でかかれている記事や数字ではリアルなところは分からない。それなりに発展していそうな都市でも、行ってみると活動力がうわべだけのような感じをうけたんだよね。

で、帰宅後すぐこのニュース。今回のったフェリーがまるごとなくなってしまう。北海道にいこうとおもった最大のきっかけは、この高速フェリーの存在。去年就航するニュースをみて、まず「なっちゃんレラ」という名前に惹かれた。うちのこが「なっちゃん」だからね。それに海を渡るのに2時間足らずだと、わんこの負担がほとんどない。

90億円もする世界最高のフェリーはやはりすごかった。小豆島でのった船とはぜんぜん違う。こんなことなら、もっともっと堪能すればよかった。なっちゃんグッツもっと買ってくれば良かった。もう「なっちゃん」がいなくなってしまうと思うと切ない。もう乗れないんだ。。。短時間で海をわたる手段がないと、ふたたび北海道に家族旅行は不可能だ。リッター8mという高速船は経済効率からして撤退でも、大間ー函館間は残して欲しいなぁ。

JALやANA便もどんどんなくなる。地方から地方の便。フェリーもなくなる。地方の元気が、国の元気とは一概に思えないけど、元気がないとつまらない。せめて、軽油だけでも暫定税率を撤廃すれば、流通、海運、漁業、林業は助かるのではないかと思う。

|

« 回復走 | Main | 回復走 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/42423724

Listed below are links to weblogs that reference さよなら なっちゃん:

« 回復走 | Main | 回復走 2 »