« 完全休養日で寿司&焼き肉 | Main | ツールド北海道 4位 »

Saturday, September 13, 2008

いざ北海道へ

ANAの特典航空券をなんとかゲットしたものの、朝一の飛行機。いっしょにいくPJさん、サルトさんは午前11時の飛行機だ。できるだけお金をかけずにいきたかったので、仕方ない。

3時半ころに起床し、メールを片付け、4時20分に出撃。6時45分のフライトなので、6時にはついておきたい。最寄り駅の始発では羽田には間に合わないので、薄暗い環八を覚悟をきめ走り抜き、天空橋まで。ここまで1時間ほど。20kmくらいしかなかった。

で、輪行の用意をして、5時48分の京急で羽田入り。空港は思った以上に混んでいてびっくり。おきなわのときはもうちょっと早くお家をでないとだめかな。

ラウンジにてビールをかけつけ2杯呑んで、搭乗。機内では眠れなかった。

初の千歳空港。到着後、自転車を組み立て、すぐに走り出す。まずは千歳駅まえのホテルへ。本日の宿泊先です。9時半、背中の荷物を預けて、今度は夕張方面へ。PJさんにCメールしたら、これから羽田で搭乗とのこと。

土地勘がないので、要所要所でセイコーマートにはいり、地図をチェック。細かいUpDownをこえ、追分に到着。途中社台ファームを発見。しばし見学。

Sn3e0065

ここから夕張へ国道を通る。やっと明日のレースコースに出て、とりあえず受付のおこなわれるホテルへ向かってみる。

夕張市街は閑散としている。商店のシャッターが降りているだけではなく、ときおり窓がわれていて、廃墟となっている。やはり地方は厳しい。農地でもあればいいんだろうけど、夕張は谷だから日差しも弱く、いっそう暗く感じてしまう。

Sn3e0069

沿道の黄色いハンカチがちょっと悲しい。運動公園にさしかかるとちょうどTTが行われていた。おいらは日曜日の山岳コースのロードしかでないけど、土曜日の1kmTTと月曜日のクリテリウムをあわせ、3日間のステージレースとなっている。

とりあえずホテルに着くも、前日受け付けは行われておらず、夕方の5時からとのこと。サルトさんに電話をいれ、ひとまず夕張紅葉山まで戻ることに。

すでに千歳から60km以上走ってしまった。紅葉山にてPJさん、サルトさんと合流。ほっとする。暑かったので、とりあえずひとり麦ジュースを注入。セイコーマートで3人でジベタリアンの遅め昼飯をとり、車にてむかわのスタートラインに向かう。

車で試走も重要だ。山岳コースのUpDownを確認し、スタートでUターン。20km地点に車をデポして、今度は実走。3人でゆっくり走り出す。おいらはすでに相当はしっていたので、脚がちょっと回らない。

勝負所の峠、そして橋のあたりからPJさんが一気にスピードをあげるが、とてもついていけない。余力を残して峠を通過。夕張紅葉山まで走り、Uターン。途中夕張メロンや石炭シュークリームをたべ、観光もした。

Sn3e0073

この日は羽田自走を含め120kmほど。足馴らしにはちょっと負荷が大きいか?車で夕張のトンネル危険箇所を視察して、5時からの受付をすませた。千歳に戻り、ホテルの部屋へ。

この日は千歳の居酒屋にて夕食。ふたりで営業のこじんまりしたところ。あれこれたくさん頼んで忙しくさせてしまった。

写真は、なまほっけのちゃんちゃ焼き。

Dscf0659

さんざん食べて、ひとり3000円以下だった。激安。

ビールはジョッキ2杯におさえ、コンビニでもアルコールは買わずに就寝。

|

« 完全休養日で寿司&焼き肉 | Main | ツールド北海道 4位 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/42509961

Listed below are links to weblogs that reference いざ北海道へ:

« 完全休養日で寿司&焼き肉 | Main | ツールド北海道 4位 »