« 金山湖へ | Main | 金山湖 »

Saturday, August 23, 2008

ふらふら富良野

トレーラー内気温14度。北風強い。とても寒いです。

きょうは時間をもらえたので、キャンプ地の金山湖からサイクリング。長袖ジャージにレッグウォーマー、長指手袋、そしてインナーは冬用と完全防備。

9:20AM 走り始めはこれでも寒いくらい。ダムでできた金山湖のまわりを走り237号線へ。空知川沿いに走ります。すごい追い風。スピードメータが壊れていてわからないけど、アベ40km/hくらいかな。38号で富良野市街をぬけ、ふたたび237号 花人街道。

あっという間に美馬牛に到着。峠にて。

Sn3e0034

あまりの追い風に、帰りが心配になってきたが、当初の予定通り、マイルドセブンの丘を目指す。

でもよくわからん。ここなのか?

Sn3e0038

まあ、どこでもいいや。まわりは広大な大地がひろがり、大地のうねりがきれいな丘を作り出している。電柱などさえぎるものがなく、空が近い。

Sn3e0040

もっと緑が生い茂るときにきたら綺麗なんだろうけど、十分だ。ケンとメリーの木とのこと。意味がさっぱりわからず。

Sn3e0048

で、折り返し。きつい向かい風に変わった。やばい、やばすぎる。往路は美瑛まで2時間かかった。復路はどれくらいかかるか想像できなくなってきた。

当初は十勝岳を登ろうと思っていたが、パス。来た道を引き返す。深山峠のくだりでは、向かい風横風に煽られ、落車しそうになる。きっちりスピードを落として、そろりそろり下る。

帰路は上富良野から斜線道路を選択。まったく風洞実験室にはいったみたいだ。北海道のまっすぐな道が悲しくなってくる。ずっと先まで見渡せるし、風を遮るものがない。1時間半くらいで飽きて停止。コンビニでゆっくり休む。

この先コンビニがほとんどなかったので、多めにおにぎりを背負い走り出す。たぶん15km/hも出ていない。坂のほうがましだ。

というわけで鳥沼公園から山岳コースを選択。きつい坂道ではなかったが、向かい風もあり、つらい。北海道の地図は縮尺がおかしいんではないか?と思うくらい、ひとつひとつの道が長い。麓郷につくころにはふらふら。「北の国から」の土地ですね。

Sn3e0053

あまりにお腹がへったので、富良野ラーメンをいただきました。石臼でひいた麺。

Sn3e0054

ここから丘を何個も何個も越えて、東山へ。。。やっと金山のほうに近づいてた。あと少しと思ったら、キャンプ場まであと19kmの表示。。。萎えます。

でも、向かい風は弱まり、すいすい進む。まったくどんな風だったんだ。

行き2時間、観光1時間、帰り4時間 といったところ。距離は120kmくらいかな?

月間累計は1300kmくらい

|

« 金山湖へ | Main | 金山湖 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/42245335

Listed below are links to weblogs that reference ふらふら富良野:

« 金山湖へ | Main | 金山湖 »