« 多摩サイ 高ケイデンス | Main | 多摩サイと坂 50 »

Tuesday, August 12, 2008

修理

ワイヤーをとめる部分が破損。

最初は汗がたまり、塩がふいているのかと思ったのだが、どうも違うようだ。樹脂がわれ、中から白い粉が流出。すかすかになってしまった。

で、プラ用のエポキシを購入し、流し込んでみた。不器用で綺麗にはいかないが、それなりに処置できた。

Sn3e0005

さて、本日はお盆前最後の打ち合わせ。そして呑み。ドイツから樽ごと冷蔵輸入の生ビール。

Sn3e0007

|

« 多摩サイ 高ケイデンス | Main | 多摩サイと坂 50 »

Comments

私のLOOKも同様の症状になりました。この部分はアウター受けって言うんだと思いますが、ブレーキ中に剥離したらワイヤーが伸びきって、ブレーキがきかなくなるんでは?エポキシパテ程度の接着力なんてたかがしれてると思う。

F店経由でメーカー送りでの修理も検討したのですが、なおせる保証はなく、フランスへの送料だけで10万円前後かかるそうなので断念。静岡の某店で工具を改造してリベットをフレームに打ち直してくれたのと、樹脂用接着剤で2重に固定してなんとかなっています。ただし、はずれた元々のリベットの残骸はフレームの中に残ってしまってカランカラン音がするけど。
応急処置としてはタイラップでフレームとワイヤーを縛ればいいと言われました。まず自転車店に相談したほうがいいと思います。

Posted by: LIFE I塚 | Thursday, August 14, 2008 at 17:59

アドバイスありがとうございます。

わたしの場合は、剥離まではいきそうもないです。とりあえず埋めておけば強度は大丈夫そうです。ブレーキ力を得るための要は、あと2カ所ありますので、仮にだめになってもなんとかなりそうかと思います。

おきなわ前にはFに持ち込んでチェックしてもらうようにします。

Posted by: おがわ | Thursday, August 14, 2008 at 21:21

こっちはおひさし鰤。
もう暑い頃だねきっと。

で、うちのTOPEAK製フレームもココが塩吹いたように塗料が浮いてきてるのに気づいたところ。

カーボンに塗装してるから、固着が弱いので仕方ないかも…と、思いつつもI塚さまのおっしゃるように、応力がかかる→変形する→塗装が浮くなんて考え始めたら夜も眠れなくなりそうです。

引越し前にお店に相談しよっと。

Posted by: tori-J | Friday, August 15, 2008 at 11:35

おっと引っ越し決定ですか?おめでとうございます。

フレームも消耗品とわかっているけど、財布と相談すると、あと2年はがんばってもらいたいところ。

Posted by: おがわ | Monday, August 18, 2008 at 10:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/42157359

Listed below are links to weblogs that reference 修理:

« 多摩サイ 高ケイデンス | Main | 多摩サイと坂 50 »