« 調布ー乗鞍ファストラン | Main | 第三ステージ »

Saturday, August 16, 2008

第二ステージ 乗鞍ー開田

乗鞍高原ー白樺峠ー野麦峠ー飛騨たかね工房(道の駅 休憩)ー岳見峠(極悪)ー濁河峠ー日和田高原ー長峰峠ー開田高原(ゴール)

115kmくらい。

夕方より雨との予報により、鈴蘭峠をなしにしたショートコース。

まず乗鞍で記念写真。

Tour_de_shinshu040

ここでこばやしさん、ちょうさんとお別れ。ふたりは乗鞍畳平へと。

昨日サポートのサルトさん、途中リタイヤだったうえのさん、この2名が速い。おいらたちはおいていかれ、畳平をしたから眺めたり、写真を撮ったりとまったり走行。

Tour_de_shinshu047

しかし野麦峠でバトル開始。平地からサルトさんがペースをあげ、PJさんが先行。脚のないおいらは、最初で最後の打ち上げ花火。一気にアタック。まだ峠がはじまったばかり。あっという間に失速したが、103さんが釣れた。ふたりで先行するが、PJさんにずばっと抜かれ、ついていくこともできず。

この序盤のアタックが痛く、脚が復活しない。ひびのさんに抜かれ、103さんにも先行され、、、我慢の走り。やっと回復したところで、徐々に進出。勾配がきつくなったところで、一気にダンシング解放。気持ちよく103さんを抜き、ひびのさんにも迫る勢い。。。が、そこまで。あとは淡々と走り、峠到着。

かおりさんのサポートをうけ、一休み。ここでPJさんはサポートカーに乗り込み、鬼監督として君臨しはじめることに。

まずは野麦を下り、飛騨方面へ。そして岳見峠へ。序盤はみんなで固まり走るものの、峠が始まってアタック開始。つづら折りが続いているところは気持ちよく走れ、先頭に躍り出たものの、まっていたのはじゃりじゃりの悪路。苔もはえているし、トルクがかからずうまく走れない。ここでひびのさんに抜かれ、もはや勝負を捨てた。安全に登るのみ。

道は細いし、ひとりでは絶対走りたくない道だ。きのうは完走を目指してつらい走りだったが、今日はつらいなかでも楽しめる。やはりみんなで走るのは楽しい。

Tour_de_shinshu056

こんどは濁河峠。こちらはだらだら長い坂で、いつまでたっても終わらない。さきほどの岳見峠がメインディッシュのような気になっていたから、余計長く感じる。気温もさがって、山の中は秋の気配すら感じる。

最後の長峰へ。3:00PMぴったりから雨は降りだし、土砂降り。はやく宿につきたい。ダンシングでぐいぐい登る。長いイメージあったけど、途中からだったので、あっという間に峠へ。最後は103さんとスプリント。

3:20PM到着。で、乾杯。

Tour_de_shinshu063

|

« 調布ー乗鞍ファストラン | Main | 第三ステージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/42201947

Listed below are links to weblogs that reference 第二ステージ 乗鞍ー開田:

« 調布ー乗鞍ファストラン | Main | 第三ステージ »