« July 2008 | Main | September 2008 »

Sunday, August 31, 2008

矢野口周回 120分

今朝はそれなりの時間に起きるものの、まずはお散歩から。昼間暑くなるような気がしたので、はやめの行動。

お散歩があると、みんなと走りにいけないなぁ。まだ残暑がきびしいので、わんこの活動時間とトレーニングが重なってしまう。

霧雨が舞う中、ボール投げまでして遊びました。だいぶストレスたまっていたようで、爆走できてよかった。

で、ちょっと長めに歩いて帰宅。その後、二度寝してしまった。

気がついたら外は青空が覗くような天気に。。。しまった。で、遅い朝ご飯を食べてから出撃。近所を流す程度と思ったけど、負荷をあげて集中的に練習。

混んでいそうな多摩サイは避けて、矢野口周回コース。小野路周回は2周回こなして、坂はダンシング。吐き気がするほど追い込んでしまった。ひとりではここまでが限界だ。もう無理ってくらいでちょうど120分でした。

今月はおそらく1450kmくらい。結構乗っているように思えて、調子はあがっていない。半ばは乗り込めたけど、前半、後半で乗れなかった。コンスタントに乗らないとトレーニング効果が薄い。反省点。ちょっと改善させるだけで、劇的に向上するような気がする。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, August 30, 2008

多摩サイ 60分

からだが本調子ではなく、無理ができない。睡眠もうまく取れていない。一気に悪循環に入らないように気をつけないと。

雨があがって、様子をみながら、まずはお散歩。ぐるっとまわりを回って、ちいさな公園でボール遊び。陽が出てきて蒸し暑くなってきた。ボールで遊んだら、むすめたちは気が済んだのか、おうちに帰りたいと言い出す。ちょっと短めだけど、しっかり歩けたので、言うことを聞いて帰宅。

しばしまったりしたあと、トレーニングへ。すでに雲行きが怪しくなっていて、ローラーでお茶を濁すかと思ったが、なんとか出撃。

でも、小雨がぱらつく。。。とりあえず60分追い込もうと、アプローチからアクセルを踏み、多摩サイではほぼ全開。といってもインナーに落とし、ケイデンスは120以上。これならスピードは出ず、心拍に負担がかかる。土曜日とはいえ、それほど歩行者はおらず、安全に走れました。

帰宅後、シャワーをあびていたら、一気に本降りに。珍しくラッキーでした。

月間累計 1400kmくらい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, August 29, 2008

多摩サイ 90分

毎夜毎夜おそろしいほどの雷雨。温暖化が影響しているとは思わないけど、最近なかったことですね。

でも、朝方は雨がやんでいたので、しっかりとお散歩。じっとり汗をかくほどでした。

で、メールの処理や月末の処理。そして、近所の不動産やさんへ。ふたたび持ち上がったトレーラーの駐車場問題。偶然にも最適なところに空きがでて、そこを借りることに。リーチ一発ツモ!って感じで、すーっとしました。不安だったことがひとつ解決できただけで楽になった。

打ち合わせ前に90分トレーニング。路面は濡れているけど、ローラーよりはいいかと、多摩サイへ。短時間インターバルをして、追い込んでの練習。

帰宅後すぐに打ち合わせに出撃。打ち合わせ&お客様との会食をして、帰るときに、ふたたび雷鳴。。。駅が暗くなり、電車が停電でストップ。

遠回りでなんとか帰宅。途中から面倒でタクシーに乗りたかったけど、すごい列の長さで断念。結局さいごは歩き。

疲れたぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 28, 2008

ローラー30分

乗鞍いってから、美瑛サイクリングがあったとはいえ、だいぶ弱ってしまった感じ。からだが芯から疲れている。

とうぶん無理はできそうもない。あいにくの雨なので、仕事をして、夜かるくローラー。ほんの30分。あしたもローラーだな。

で、夕食は北海道のつづき。

Dscf0597

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の終わり

やっぱり東京は暑い。涼しくなったとはニュースで聞いていたけど、やはり蒸し暑い。東北や北海道とは違うんだなぁ。

きょうから溜まった仕事とブログをこつこつ片付けていかないと。ブログはみなさんに読んでいただくため、そしてなにより自分自身のため。せっかくの思い出が記憶だけでは薄れてしまう。

ついにキャノンから新デジレフが発表されました。。。50D迷います。買おうか待とうか。ずっと5Dの次機種を待ち続けている身としてはほんと迷う。APS-Cっていうのが、許せない。初代KISSを持つものとしては、50Dでも相当パワーアップなんだけどね。

北海道旅行中に、ナビが完全に沈黙。。。昨晩から保証書を探すも見あたらず。一年以内なので無償なのに、、、、

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, August 27, 2008

無事帰宅

長者原SAで爆睡。けっきょく5時すぎまで眠り、アルコールをぬいてから起床。

まずは空き地でむすめたちのおトイレお散歩をして、トレーラーでコーヒーを飲んで、最後の行程へ。

東京まであと400km。那須で一度やすんでから、外環、檄混み環八をとおり、帰宅。

全行程 2500km 運転時間 46時間でした。。。疲れました。

だいぶトレーラーの運転に慣れて、度胸もついたけど、駐車場入れはまた別ですな。切れ込みすぎて、思った場所と違う位置にはいってしまった。

トレーラーの駐車場問題も復活し、徐々に解決させていかないと。。。悩みはつきません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 26, 2008

さよなら北海道

夜中またしても豪雨。トレーラーの屋根をたたく雨粒の音が大きかった。

この日は早起き。6:45AMに出撃です。といってもトレーラーをキャンプ場に残して、函館の朝市に行きます。

お目当ての巴丼。定食にしてしまった。イカもうまい。

Dscf0532

買い物もして、今度は函館市街をお散歩。

Dscf0549

しめは現地のスーパーで。。。朝市で買うよりもやっぱりスーパーの方がよかったかな。ちょっと後悔。

Dscf0581

急いでキャンプ場に戻り、トレーラーをつけて、函館港へ。フェリーに乗る前に、もう一泳ぎ。泳げそうなところを探すのに右往左往。

立待岬にもいったけど、ここはだめ。泳いだら死ぬ。

Img_6242

悪天候で海があれています。結局フェリーのりばから近い海水浴場へ。すでに閉まっていました。貸し切りでした。

Img_6279

ぎりぎりまで遊んで、フェリーに乗りました。

あーしんどかった。急いで買った弁当で遅い昼飯。かにめし いまいちでした。

Dscf0587

青森上陸後、高速に乗る前にスーパーで買いだし。

ここから東京へ700kmひた走ります。大きなトラックを風よけにつかいながら、省エネ走行。ツキイチは得意です。

で、8時すぎに長者原SAに到着。もうくたくた。晩ご飯は手間をかけずに。。。

生でも食べられるピュアホワイト。

Sn3e0061

北海道限定ビールを寝酒に。。。つまみはあんこうの友あえ。身をあん肝であえたようです。絶品でした。

Sn3e0060

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 25, 2008

函館へ

すこしばかり惰眠をむさぼり、ゆっくり起きました。移動ばかりで疲れがたまっています。休暇とはいえ、からだを酷使しているなぁ。

ずっと雨ばかり、それも豪雨。テントだったら狂いそうなところ、やはりトレーラーは快適。それなりにやらなければいけないこともあるけれど、ちゃんとベッドで寝られるのは大きい。疲れがそれほど残りません。

で、この日もお散歩代わりのスイムから。きのう泳いだところより先にすすんでみました。おそろしく水が澄んでいます。

Dscf0505

チェックアウトぎりぎりまで遊び、函館へ戻ります。途中長万部にて念願のかにを仕入れました。

Dscf0522

旅のおともはロイズのチョコレート。チップママからのいただきもの。この寒さでは溶けませんね。

Dscf0524

途中洞爺湖を通り、温泉につかりました。癒されます。

で、昭和新山に立ち寄り。。。写真だけ撮るからと、駐車場代はまけてもらいました。ありがたい。トレーラーつきだとマイクロバス並の値段ですから。

Img_6233

函館市街はきっちり渋滞。やはり市街地の運転は疲れる。

函館山をこえ、ちょっと離れたオートキャンプ場へ。。。ついたら真っ暗でまた雨。

すぐに就寝。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 24, 2008

支笏湖へ

バーディーちゃんちと呑みすぎた。頭が痛い。一升瓶を3本持ち込み、さらにビールも呑んだからなぁ。

写真はトレーラでくつろぐ?かりん。天井へ反射する光をずっと追っています。決してくつろぐことはなく、ずっと仕事をしていました。

Dscf0442

早朝、タープに雨粒が落ちてきて、その音で目が覚める。激しく降らないうちにと、ランタンやらタープやらを撤収。でも、幸いなことに雨はあがった。で、二度寝。

いっしょに朝食をし、お別れしてから、今度は支笏湖へと向かう。

一度日高のほうに向かいつつ、夕張を抜ける。夕張では目的のメロンを購入。そして立ち食い。気が済みました。。。お酒などもいろいろ購入しているうちに、時間がなくなり、高速を使って、千歳まで。

ここからずっと雨、支笏湖は寒々しい。

Dscf0452

ここでふたたびチップくん、シエルくんに合流し、支笏湖スイム開始。

Dscf0460

本降りになってきたので、みんなでトレーラにはいり、しばし歓談。みなさんにはほんと御世話になりました。

お別れをしてから、夕食です。

生鮭のちゃんちゃ焼き、そして地酒 旭川の男山。

Dscf0427

途中で仕入れた富良野と夕張のプリン。富良野プリン、ラベンダーの匂いがたち、絶品でした。

Dscf0440 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 23, 2008

金山湖

キャンプ場はこんな感じ。電源ありのオートキャンプ場。

Dscf0402

おいらが走っている間、湖でスイム。

Dscf0401

フラットのバーディちゃんちと合流し、夜は宴会。すでに暗くなり、宴会も始まってしまい、写真が撮れませんでした、ごめん。

Dscf0412

買ってきてもらった生ほっけを使い、ちゃんちゃ焼き。

Dscf0413 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふらふら富良野

トレーラー内気温14度。北風強い。とても寒いです。

きょうは時間をもらえたので、キャンプ地の金山湖からサイクリング。長袖ジャージにレッグウォーマー、長指手袋、そしてインナーは冬用と完全防備。

9:20AM 走り始めはこれでも寒いくらい。ダムでできた金山湖のまわりを走り237号線へ。空知川沿いに走ります。すごい追い風。スピードメータが壊れていてわからないけど、アベ40km/hくらいかな。38号で富良野市街をぬけ、ふたたび237号 花人街道。

あっという間に美馬牛に到着。峠にて。

Sn3e0034

あまりの追い風に、帰りが心配になってきたが、当初の予定通り、マイルドセブンの丘を目指す。

でもよくわからん。ここなのか?

Sn3e0038

まあ、どこでもいいや。まわりは広大な大地がひろがり、大地のうねりがきれいな丘を作り出している。電柱などさえぎるものがなく、空が近い。

Sn3e0040

もっと緑が生い茂るときにきたら綺麗なんだろうけど、十分だ。ケンとメリーの木とのこと。意味がさっぱりわからず。

Sn3e0048

で、折り返し。きつい向かい風に変わった。やばい、やばすぎる。往路は美瑛まで2時間かかった。復路はどれくらいかかるか想像できなくなってきた。

当初は十勝岳を登ろうと思っていたが、パス。来た道を引き返す。深山峠のくだりでは、向かい風横風に煽られ、落車しそうになる。きっちりスピードを落として、そろりそろり下る。

帰路は上富良野から斜線道路を選択。まったく風洞実験室にはいったみたいだ。北海道のまっすぐな道が悲しくなってくる。ずっと先まで見渡せるし、風を遮るものがない。1時間半くらいで飽きて停止。コンビニでゆっくり休む。

この先コンビニがほとんどなかったので、多めにおにぎりを背負い走り出す。たぶん15km/hも出ていない。坂のほうがましだ。

というわけで鳥沼公園から山岳コースを選択。きつい坂道ではなかったが、向かい風もあり、つらい。北海道の地図は縮尺がおかしいんではないか?と思うくらい、ひとつひとつの道が長い。麓郷につくころにはふらふら。「北の国から」の土地ですね。

Sn3e0053

あまりにお腹がへったので、富良野ラーメンをいただきました。石臼でひいた麺。

Sn3e0054

ここから丘を何個も何個も越えて、東山へ。。。やっと金山のほうに近づいてた。あと少しと思ったら、キャンプ場まであと19kmの表示。。。萎えます。

でも、向かい風は弱まり、すいすい進む。まったくどんな風だったんだ。

行き2時間、観光1時間、帰り4時間 といったところ。距離は120kmくらいかな?

月間累計は1300kmくらい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 22, 2008

金山湖へ

コテージで宴会し、一泊。写真はかりんちゃん。

Dscf0365

ひとまずチップくん、シエルくんたちとお別れし、今度は金山湖を目指す。なんか湖ばかりだ。観光というよりスイムの旅。

ナビが不調で、あれこれいじっていたら、へんなルートで進んでしまった。中山峠をこえ、札幌市街地へ。やはり市街地は車がおおく、信号もあり、思うように進まない。途中、岩見沢にて食材買い出し。でも欲しかった生ほっけがない。

12号を北へ。29kmもあるという日本一の直線道路を走った。途中の街にひとけがなく、哀しくなってくる。滝川から歌志内へ抜けた。

さらにさびしさが。。。道の駅にはいり、ワインと漬け物を購入。

Dscf0382

Dscf0526

なにより哀しいのは、途中みかけた「悲別ロマン座」。あまりにインパクトが大きかったので、いろいろ調べてより悲しくなってしまった。 

で、富良野に寄り道。定番のファーム富田へ。

Img_6144

99年に家内とふたりできたときに、まさか10年後このような形でふたたび訪れようとは。。。犬連れのトレーラーつきってことね。

Img_6152

で定番のアイスクリーム。

Img_6161

金山湖についたら真っ暗だった。寄り道しすぎた。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Thursday, August 21, 2008

北の大地のミュンスター

洞爺湖では、北海道にいるミュンスターのシエルくんとあう目的がありました。

両手に花の、真ん中がシエルくん。

Img_6093

フラットのチップくん、オリーヴちゃんもいれて、集合写真。

Img_6076

みんなが湖に行っている間、おいらは時間をもらい、洞爺湖を一周。途中小雨が降ってきて、寒かった。一周33kmくらい? 1時間半ほど足慣らし。

で、夜は宴会。チップくんのパパママといっしょに。

まずは しまえびから。最高です。甘いものがきらいなおいらには、適度な塩がうれしい。水揚げしてすぐ塩ゆでしただけのもの。

Dscf0356

そして、北海道ワインをいただきました。海鮮たっぷりのキムチ鍋。寒いので鍋がうれしい。でもまだ8月のはず。。。

Dscf0361

| | Comments (2) | TrackBack (0)

洞爺湖へ

今回御世話になったのは、函館にあるRVレストプラザ よってけ駒ヶ岳。

Dscf0328

生憎の天気で、駒ヶ岳はほんのすこししか見ることができず。目の前には小豆畑。

Sn3e0027

十分遊ばせてもらい、またくるまたび。今度は洞爺湖へ。また雨です。

Dscf0340

湖ではもちろんスイム。

Dscf0353   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 20, 2008

本州脱出

夜中中豪雨。。。悲しいです。でも起きたらかるく薄日がさしていました。

朝のお散歩ついでに田沢湖スイム。なんて贅沢なわんこたち。

Img_6043

で、朝ご飯。横手やきそば スキレットバージョン。

Img_6062

飯をたべ、キャンプ場のちょいと離れたトイレにいっていたら、いきなり豪雨復活。たたきつける雨粒が地面で跳ね返り、一面真っ白な状態。車に帰りたくても帰れない。いつまでたってもやまないので、びしょ濡れで走りました。スコールですね。どうなったんだ日本の天気は。

田沢湖をあとにして、山道を玉川温泉経由で青森にぬけます。玉川温泉 みんなで走りにきたことを思い出します。

Dscf0296

鹿角から東北道に乗り、まずは昼ご飯。比内地鶏の親子丼。

Dscf0298

そして、東北道最終地点へ。

Dscf0306

きのうはお風呂に入れなかったので、フェリーにのるまえに、浅虫温泉へ。しばし散歩&ちょっと海水浴させてから、人間たちは温泉につかりました。

道の駅にて青森の食材をしいれ、フェリーへ。

Dscf0308

今回のったのは高速船「なっちゃんレラ」。うちのこが「なつめ、なっちゃん」というだけで、決めました。なつめとなっちゃんのツーショット。

Img_6069

トレーラーつけての運賃は、もうめちゃくちゃですけどね。たぶん最初で最後でしょう。

Dscf0319

おみやげに。

Dscf0310

悪天候でかなり揺れましたが、函館に2時間たらずで到着。

Dscf0318

さっそく上陸後、ちかくのスーパーで北海道の食材を購入。浅虫で購入した地ビールとともに晩ご飯。しかしこの麦雫 めちゃまず。。。

Dscf0321         

| | Comments (338) | TrackBack (0)

Tuesday, August 19, 2008

予告

9/6 おきなわに向けて、オーバー200kmの練習をしたいと思っています。

ひとりで自走ツールド塩山と思っていたけど、誰かいっしょに逝ってくれるならうれしいです。まだ暑いかな?くるまで瀬音の湯にとめて山岳だけでもいいよね。

風張峠ー奥多摩湖ー今川ー柳沢ー(余力があれば塩山おりて折り返し)ー奥多摩湖ー鋸山林道など。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

秋田へ 2

早朝起きて、ドックランへ。ここでガス抜きさせて、ショップでパンなどを買い、一路秋田へ。

土砂降りです。途中液体ワイパーするも、すぐにダメになってしまう。ワイパー聞かないほどの雨でした。

Dscf0256

秋田でお墓参りをすませて、スーパーで地酒や地元の食材を買いあさり、今度は田沢湖へ。

今夜の宿泊地です。奥に小さくトレーラー。

Dscf0271

わんこはもちろんスイム。小雨から本降りに変わってきました。

Dscf0265

仕入れた地酒と。。

Dscf0286

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 18, 2008

秋田へ

ETC深夜割引を使うため、夜から出発。

首都高が使えないため、激込みの環八を使い、外環経由の東北道。

東北道にのると落ち着くなぁ。無理せずの80km/h走行。眠くなり、疲れる前にSAで就寝するのだ。

で、ドックランのある那須塩原まで頑張りました。ここならわんこのうんちが捨てられるし、とっても便利。

トレーラーに潜り込んで就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どいつもこいつも壊れてる 2

明日から北海道ロングツーリングというのに、車のナビが壊れました。まだ一年経ってないのに。。。

とはいってもナビ機能は生きている。壊れているのは、テレビとバックカメラの表示、そしてAMの渋滞情報。テレビは痛い。今夜、家内がなでしこ見たいと言っていたのに。。。

あと壊れているのは、継続してポラール。もう本体がだめなのかも。7年以上つかったもんなぁ。寿命かも。

サドルは変えたばかりなのに、剥げだしている、、、なんで?剥げても乗るけどね、変えるお金もうないし。

自転車のライトも完全に逝っちゃった。

さてどれから直していくか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハートランド

お盆明けの日ですが、おいらは北海道行きの準備に追われます。

はやめに就寝するために寝酒。

Dscf0253

| | Comments (0) | TrackBack (0)

体重 増減5kg

今日からスイッチをいれかえ。

3日前、乗鞍に向かい、畳平から宿にもどったときは、くだりで体が消耗しつくしてしまった。体重計にのったら、55.5kgほど。びっくり。

胃がとまり、アルコールも飯も喉を通らず、みんなの夕食時間は、横になっていた。

徐々に回復し、宿のひとに残してもらった夕食を遅くにたべて復活。

朝風呂のときの体重が57kg。

2日目はしっかり補給をとりながら走り、夜までには59kgを回復。

そしてきのうは、諏訪ゴールのうなぎを食べ、61kgまで増えた。

食べても食べても食欲が収まらず、電車でおにぎり、帰宅して牛丼。

この調子ではどんどん増えそう。きのうまでは回復のため、欲望にまかせてきたが、きょうからは抑え気味にするのだ。がんばるぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 17, 2008

無事帰宅

3日間の過酷で、楽しい日々を堪能し、無事帰宅いたしました。

確実に一年前より強くなっていることが分かりました。練習の方向性はやっぱり間違っていない。まだまだこれからですね。調布ー乗鞍畳平ファストラン 初の完走者となることができました。これは自分のちからではなく、途中先頭をひいてくれたSやまさん、ひびのさん、そして完璧なサポートのおかげです。タイムはぎりぎり13時間を切ったくらい。

3日間で530kmくらい。月間累計は1060kmくらい。もはやスピードメータ完全に沈黙。

それにしてもお盆のUターンラッシュには参りました。電車はどれも満席で、諏訪から特急にのれず。鈍行でちんたら帰り、途中の笹子あたりは土砂降りですよ。高尾で京王線にのりかえて、最寄り駅まで輪行しました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第三ステージ

開田高原ー旧地蔵峠ー木曽福島ー19号ーごんべいトンネルー伊那ー諏訪(ゴール)

楽しかった自転車三昧も最終日。もうまったり走りたい気分。

でも峠になると頑張ってしまう。地蔵峠もPJさん、ひびのさんについていくが、つらいのなんの。ごんべいのアプローチもアタックをかましてしまった。

伊那からは交通量の激しい道を避け、PJさんの先導のもと、良いペースでのサイクリング。

そして最後の有賀峠。PJさん、ひびのさんが強く、限界まで頑張るも千切れていった。でも力を出し切ったので、悔しさはあまりない。

よく3日間走りきった。上諏訪の鰻で乾杯。

Tour_de_shinshu095

Tour_de_shinshu096

Tour_de_shinshu101

食事後は、温泉につかり、輪行で帰京。

しかし、お盆の帰省Uターンに巻き込まれ、特急は満席。自由にも自転車を持ち込めそうもない。仕方なしに3:06PM発の高尾行きに乗る。途中、笹子のあたりは土砂降り。高尾から京王線にのりかえ、7:00PM帰宅。

輪行のほうがつかれた。。。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 16, 2008

第二ステージ 乗鞍ー開田

乗鞍高原ー白樺峠ー野麦峠ー飛騨たかね工房(道の駅 休憩)ー岳見峠(極悪)ー濁河峠ー日和田高原ー長峰峠ー開田高原(ゴール)

115kmくらい。

夕方より雨との予報により、鈴蘭峠をなしにしたショートコース。

まず乗鞍で記念写真。

Tour_de_shinshu040

ここでこばやしさん、ちょうさんとお別れ。ふたりは乗鞍畳平へと。

昨日サポートのサルトさん、途中リタイヤだったうえのさん、この2名が速い。おいらたちはおいていかれ、畳平をしたから眺めたり、写真を撮ったりとまったり走行。

Tour_de_shinshu047

しかし野麦峠でバトル開始。平地からサルトさんがペースをあげ、PJさんが先行。脚のないおいらは、最初で最後の打ち上げ花火。一気にアタック。まだ峠がはじまったばかり。あっという間に失速したが、103さんが釣れた。ふたりで先行するが、PJさんにずばっと抜かれ、ついていくこともできず。

この序盤のアタックが痛く、脚が復活しない。ひびのさんに抜かれ、103さんにも先行され、、、我慢の走り。やっと回復したところで、徐々に進出。勾配がきつくなったところで、一気にダンシング解放。気持ちよく103さんを抜き、ひびのさんにも迫る勢い。。。が、そこまで。あとは淡々と走り、峠到着。

かおりさんのサポートをうけ、一休み。ここでPJさんはサポートカーに乗り込み、鬼監督として君臨しはじめることに。

まずは野麦を下り、飛騨方面へ。そして岳見峠へ。序盤はみんなで固まり走るものの、峠が始まってアタック開始。つづら折りが続いているところは気持ちよく走れ、先頭に躍り出たものの、まっていたのはじゃりじゃりの悪路。苔もはえているし、トルクがかからずうまく走れない。ここでひびのさんに抜かれ、もはや勝負を捨てた。安全に登るのみ。

道は細いし、ひとりでは絶対走りたくない道だ。きのうは完走を目指してつらい走りだったが、今日はつらいなかでも楽しめる。やはりみんなで走るのは楽しい。

Tour_de_shinshu056

こんどは濁河峠。こちらはだらだら長い坂で、いつまでたっても終わらない。さきほどの岳見峠がメインディッシュのような気になっていたから、余計長く感じる。気温もさがって、山の中は秋の気配すら感じる。

最後の長峰へ。3:00PMぴったりから雨は降りだし、土砂降り。はやく宿につきたい。ダンシングでぐいぐい登る。長いイメージあったけど、途中からだったので、あっという間に峠へ。最後は103さんとスプリント。

3:20PM到着。で、乾杯。

Tour_de_shinshu063

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 15, 2008

調布ー乗鞍ファストラン

調布の武蔵野の森公園 3:30AM集合

4:00AMスタートで、20号をひた走り、諏訪湖は糸魚川ファストランと同じルート。信号厳守、交通ルール厳守のおとなの走り。塩尻峠をおりてからは、サラダ街道にでて、新島々から登坂開始。ながく険しい乗鞍への道。

Nori_2

2:30AM起床。昨晩はやくから寝たつもりが、すこし興奮しているようであまり眠れなかった。レースの前など、ちょっと行きたくない気持ちがあるのだが、今回は仲の良い仲間うちだけのイベントで、わくわく感のみ。事故にあわないように注意する、これだけだ。

近所のコンビニで補給食を買い足し、公園へ。一番乗り!と思ったら、ちょうど上野さんと同着。軽量化するべく、あせあせとトイレにいくが、閉まっており、またコンビニへ。

戻る頃にはみんなが集まっていた。サルトさん持参のおいなりを早速いただいてしまう。で、主催のPJさんから注意事項をうけ、最終準備。。。その最中に103さん早くもパンク。そんなこんなで出発は4:03AMとなった。

Tour_de_shinshu007

機関車役のため、01111さんがきてくれたこともあり、20号からそこそこのペース。オベ練のイメージが染みついているみたい。日野バイパスの坂で苦しい。。。先が思いやられる。

大垂水にはいると、みんな速いマイペースに落ち着き、集団崩壊。今回の裏テーマとして、103さんとの一騎打ちがある。去年ランデブーを繰り返したように実力伯仲。一発目の大垂水でも、かるくバトル。ほぼ同着で峠へ。

ゆっくり下り、後続を待つ。。。も、なんとなく、しのやまさん、ひびのさん、こばやしさんと4人で抜け出した格好に。後続は01111さんがコントロールしている模様。長い電車で運行するより安全と、4人で先行を決意。ペースがあがっていく。冷静に考えれば300km持たないようなペース。。。こばやしさんが遅れ気味、長距離ゾンビ脚にはまだウォーミングアップがたりないか。

しのやまさん5、ひびのさん3、おいら2 というような割合で先頭交代。暑くなってきて、ボトルが空になってしまった。経験豊富なしのやまさんが、サルトさんからボトルを受け取り、渡してくれた。。。助かった。暑さと水分不足もあり、かなり脚が削られていく感じ。で、やっと第一CPの笹子トンネル入口が、、、ちからをためるため、先行する2名と連結解除し、ゆったりとCPへ。一分遅れの7:06AM到着。サポートのサルトさん、かおりさんから補給食などをうける。後続も到着するが、うえのさんが現れない。腰痛発症で苦しい闘いとのこと。

7:20AM CP発。一気にトンネルへ。思ったほど気温があがらず、下りは快適。甲府市内は無理をせず、交通ルール遵守の走り。信号でたっぷり休むつもりが、意外にもうまく走れる。それほど止まることはなかった。お盆で車も少ない感じ。

Tour_de_shinshu017

この区間で、103さん、ちょうさんが遅れてしまった。さきほどの4名にPJさんを含めた5名でうまくローテ。だんだんと暑くなり、また水がなくなる。韮崎あたり、脇の駐車スペースにサルトさんが待機してくれていた。助かった!みずをかぶり、体を冷やす。水をがぶ飲み。塩をなめる。長丁場で、脚が攣ってしまっては苦しくなる。しっかり補給しないと。ひびのさんのスローパンクが発覚したものの、ホイール交換し、ここでは最小限の休憩にとどめ、先を急ぐ。またローテで距離を稼いでいく。それほど消耗せずに第2CPの道の駅 蔦木宿へ到着。9:33AM。うえのさんは残念ながらリタイヤ。

15分ほどトイレ休憩、補給などして、9:47AMスタート。途中から車でパスしてきた103さんがここから合流。6名でローテとなる。

ここからは富士見峠へのアプローチ。ゆるい勾配がだらだら続く。長い。結局集団は崩壊し、脚のあるしのやまさんが抜けていく。続いてひびのさん。きつい左カーブから峠の本番。ふたりの背中をみながら、3番手。なんとか追いつこうとあがくが難しい。ここでふたりが信号でストップ。追いつきました。

富士見のくだりはゆっくりで、後続を待つ。諏訪湖の湖畔はみんないっしょ。ここでひびのさんがパンク。直している間、自販機での水分補給をしたいが、なにもない、、、修理後、コンビニへ。もう何リットルのんでいるか分からない状態。

岡谷からは、やまびこ公園への激坂ルート。脚をできるだけ使わないように、気をつけて回す。しのやまさん、ひびのさん、PJさんが抜けていく。食らいつくも塩尻峠にはいったところでお手上げ。うしろから103さんに抜かれ、くだりに突入。信号にひっかかり、1分遅れの11:42AM着。

小坂田公園にてしっかり食べる。そろそろ燃料が枯渇してくるころ。11:55AMにスタート。ちょうさんも復活し、7名一列で下る。松本からはサラダ街道へ。ここから糸魚川とは違うルート。つぎのCPまでの参加のしのやまさんが鬼引き。スーパーアシスト。

波田のCPには一時間かからず到着。12:41PM。ここでしばし休憩。これから本格的な登坂に入るため、しっかりと補給することに。しかし、さきほどしっかり食べたばかりで、あまり腹がへっていない。冷やし中華とおにぎりを無理矢理流し込んだ。

しのやまさん親子とここでお別れし、乗鞍本番を向かえる。1:05PMスタート。いきなり先頭で走り始め、引いていくが、ちょっとした丘で単独先行してしまう。後続を待つかかんがえるが、ここからはマイペースと決意して、ダンシング解禁。

脚の筋肉を消耗しないように気をつけて踏んでいく。後続がまったく見えなくなって、ちょっと気持ちよくなってきた。すずしいトンネルを走っていくが、徐々に疲れがたまり、やはり失速。そのうち、後ろに気配が。。。ひびのさんと、ここでゾンビ脚炸裂のこばやしさん。

こんなことなら単独で飛び出さなければよかった。やはり3人で走った方が楽。無駄な脚を使ってしまった。白樺峠のいりぐちには1:53PM到着。50分ほどだが相当つらかった。水をかぶり、コーラを流し込んで再スタート。

途中わき水をかぶっている間に、ふたりにかなり先行されてしまったが、こばやしさんには料金所で追いつく。ひびのさんはさらに先。しかし、なんとか追いついた。しばし、話しながらランデブーするものの、徐々につらくなり、ひびのさんがプチアタック。付いていけるはずもなく、背中が遠くなる。白樺も長い。ひとり単独になり耐えていると、ちらちらひびのさんの背中が近づいてきて、結局乗鞍到着は1分おくれで収まった。3:06PM到着。

ここで、FitteのA木さんと会い、応援をうける。うれしかった。で、すぐに登坂しようとするものの、用意に手間取り時間をロス。3:20PMくらいで畳平までの最終アタック開始。

もう脚がまったくない。ゆっくり無理せず回す。カーブではダンシングで体をほぐす。坂との対話というより、体を壊さないように自分だけの世界に突入。ほんと苦しい。寒い。なんど引き返そうと思ったか。もはや遅い時間で車も通らない。たまにうえから自転車がおりてくるだけ。永遠につづきそうな登坂も徐々に標高があがり、2000mを超えてくると、一気にゴールが見える。こうなればあとは登るだけ。引き返すことも考えず黙々と。。。

で、やっと到着。5:02PM。

Sn3e0008   

ゴールにはいったら泣くのでは?と思ったが、あまりの寒さで下りが心配。すぐに下山開始。極度の疲労と寒さでハンドルをもっているのがつらい。振動も激しい。最悪の下山だった。耐えること40分 やっと宿に到着。

靴を脱ぐこともできないほどの消耗。立っていてもふるえがでる。ひとっ風呂あびたPJさんからビールを一杯もらうが、まったくうまく感じない。逆に気持ちが悪い。胃がとまっている。

すぐに風呂にはいった。この風呂は最高だった。溶けてしまうような。。。でも冷え切った体は温まらない。なんて過酷なんだ調布ー乗鞍。

せっかくの晩ご飯も胃がうけつけず、みんなの夕食の間からだを横にしていないといけなかった。宿のひとに残してもらい、2時間遅れで半分ほど食べて、就寝。からだが疲れすぎて寝付きが悪い。

Sn3e0009

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 14, 2008

酷暑の多摩サイ

本日もいつもと同じ。

まずはお散歩から。。。蜘蛛の巣と闘いながらの緑地でお散歩。

帰宅後、しっかり二度寝。きょうは起きてライブで競泳を見ました。金メダルとるところ、最高ですね。

仕事をしてから、わざと暑さに慣れるため、酷暑のお昼過ぎに出撃。。。死にました。手元の温度計で41度。多摩サイもひとは少なかった。ここから小野路周回をして、さくっとあがり。怪しい雲がみえたので。。。50kmほど、累計は530kmかな。

帰宅前に買い出しをしていたら、いきなり降ってきました。いい読みでした。ほとんど降られずに帰宅。

帰宅後、ゆっくりしてから、自転車のお掃除。あしたから3日間あそんできます。っていつも遊んでいるけど。

3日間のステージファストラン

8/15(金) 第1ステージ  9名出走
調布4:00AMスタート
275km先の乗鞍畳平(標高2800m)を目指します。

8/16(土) 第2ステージ
乗鞍高原ー野麦峠ー位山峠ー濁河峠ー開田高原 160km

8/17(日) 第3ステージ 開田高原ーごんべい峠ー伊那ー諏訪  100km

怪我しないよう気をつけていってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本海の海の幸

岩牡蠣をおとりよせ。ついでにキンメ、アイナメ、クロソイも。

Dscf0235

岩牡蠣は大きすぎて、ひとくちに入らなかったよ。この日のために、とっておいたシャブリで。

Dscf0242

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 13, 2008

多摩サイと坂 50

昨晩はそれほど呑んだつもりはなかったけど、やはり体に酒が残っている。1時に寝て、4時30分起床では仕方ない。

5時に散歩スタート。薄曇りで、雷雲立ちこめているような、、、まあ鳴らないから大丈夫だね。緑地にいき、まったり散歩。

帰宅後、きっちり寝てやりました。

で、仕事開始。お盆でもそれなりにメールが届く。

きょうあしたは、15日からの乗鞍にむけての調整日としておりますので、ゆっくりと12時すぎに出撃。多摩サイをまずは走る。きょうは結構ひとが多い。とても高ケイデンストライアルできるような雰囲気ではないな。

高ケイデンスを達成するためには、サドルをもう少し下げて、さらにクランクも見直したほうがよさそうだ。しかし、そこまでしてもねぇ。クランクを短くすることによって、脚の完成モーメントが小さくなり、回しやすくなるんだろう。

まあ、いまのまんまで170くらい出ればいいや。

きょうは混んでいたので、是政から3km/3%へ。ここで垂れずに回す。脚の出力をそのまま推進力にするイメージ。ちょいと足を伸ばして、周回し、2時間ほどで終了。この暑さではこれくらいじゃないとダメージがでかくなる。累計480kmくらい。

さて、今日はタイヤを取り替えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 12, 2008

修理

ワイヤーをとめる部分が破損。

最初は汗がたまり、塩がふいているのかと思ったのだが、どうも違うようだ。樹脂がわれ、中から白い粉が流出。すかすかになってしまった。

で、プラ用のエポキシを購入し、流し込んでみた。不器用で綺麗にはいかないが、それなりに処置できた。

Sn3e0005

さて、本日はお盆前最後の打ち合わせ。そして呑み。ドイツから樽ごと冷蔵輸入の生ビール。

Sn3e0007

| | Comments (4) | TrackBack (0)

多摩サイ 高ケイデンス

今朝も散歩を終えてから、しばし気絶。。。眠いッス。

いろいろ仕込んでおいたメールの返事がぽつりぽつりと返ってきたので、処理をし、重たい体を鼓舞して多摩サイへ。

それほど暑くもなく、薄曇りで走りやすい。きのうよりも靴をきっちり締めて、最高回転を目指してみました。きょうは159まで上がりました。毎回やっていたら、向上するかもしれない。今回は靴をぎっちり締めることにより、引き脚がうまくいったようです。ただ、ハンドルが暴れてしまい、ちょっと危なかった。それがなければ160台は出せそう。

そのあとは110程度で一往復。きょうはこれでおしまい。月間は430kmくらいか。よく分からなくなってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 11, 2008

多摩サイ50

当初は森にいく予定でしたが、体の疲れ、脚の張り、気温など、いろんな言い訳により、多摩サイにいくことにしました。今週末には、PJさんプロデュースのつるしんがあるしね。

すでに夏休みのお客様が多く、メールは少なめ、、、と思いきや、重いメールがいくつかあり、処理に手間取る。さらに、何気なくスイッチをいれてみた壊れた携帯が復活。アドレス帳の移植や整理などを始めてしまったら、時間がどんどんなくなっていく。

で、やっと11時ころに出撃。そとは夏まっさかりの温度となりました。止まると汗が吹き出る。まずは多摩サイを高速下までいくが、日陰のない土手はつらい。

いまおいらの課題はたくさんあるものの、力をもっと効率よく推進力に変えたいというものが、一番かと。

先日のV練で、エースとちょとらさんに付き切れしていくのが、とても悔しかった。中央道の談合坂あたりのような。アクセルべた踏みなのに、颯爽と軽く抜いていく車がいるわけですな。出力の違い、体の軽さなどなど複合的な要因がからまっていますが、結果は単純で、ついていくことができない。

なかなか萎えます。地道な練習により、コツコツと出力を高めること、そしてそれを効率よく推進力に変えること。いままでは、練習をたくさんして、体をつくることに重きを置きすぎていたかと思っています。後者も追いつつ練習しようと思いました。

きっかけは「ロードバイクの科学」ですね。最高出力が、最高ケイデンスに依存するという話がでていて、220とか190とかすごいケイデンスが例で載っています。おいらもここのところ試しているのですが、まあ無理。この日もやってみて、152が最高値。

みんなはどのくらいなんです?おいらは極端に低いのかしら。脚の慣性力をおさえこむため、引き脚をイメージして、おしりが跳ねないように注意し、全開、、、でも140から上は回りにくい。

これは脚の拮抗筋が、じゃまをしまくっているんではないかと思った次第。脚のなかで、ふたつの筋肉が、お互いに力を同時にだして、相殺している感じなのかしら。脱力、力を抜くことをもっとイメージした方が良いような気がする。

多摩サイの平地でイメージし、そのまま3km/3%で走る。。。時速は25km/hを下回らないように、、、って思いっきり下回ってしまいました。

とりあえず50kmほど走って、帰宅。ペダリング悩んでいます。

--

で、仕事に出撃。打ち合わせをして、かるく呑んで、はやめの帰宅。すこししか呑んでないのに、意外にも酔っぱらった。なんで?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホワイトビール

限定のホワイトビールを購入。

Dscf0221

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 10, 2008

V列車にのって 2

昨日までの疲れはそこそことれたものの、単純に寝不足。眠いよぉ。

それでも走らないと大後悔することになるのは精神的にもよろしくない。いきなり鳴り出した目覚ましにびっくりしたが、葛藤すること数秒で起きました。

で、補給食をかってから、是政へ。本日は、エース殿、ちょとらさん、流しさん、サルトさん、そしてお久しぶりのまさひふさんといったメンバー。8月に入ってから、いまだ200kmほどと脚は回っていないので、少しというかかなり不安。

で、コースは、、、よく分からん。分からないので、離されないようについていくのみ。一度厚木にでて、川沿いを北上。ここがつらかった。エース、ちょとらさんの引きが強烈。川を遡上しているからかるい勾配なんでしょうが、40km/hちかいスピード。一度先頭にでて大後悔です。一気にレッドゾーンに入ってしまった。すぐに先頭交代してもらい、息を整えました。ここでメンバーは、この2名と流しさん、おいらの4名に減ってしまった。。。

丹沢の山にはいり、ちょっとした登りで千切れ一人旅。しかし背中はみえる範囲。すぐにピークだったから付いていけばよかった。間に軽トラがはいり、万事休す。で、待ってもらってから、牧馬峠へのアプローチ。勾配がきつくなってから、2日連続できついトレーニングをしている流しさんが失速し、前に出てみるものの、峠の中盤でさされ、最後方追走。我慢の登坂。

しかし、きょうは暑くないので、助かります。熱による痙攣は兆しもなかった。きょうのような天気なら、ちゃんとしたトレーニングになりますね。20号に抜け、最後の大垂水、、、序盤だけエース、ちょとらさんについていく。いい感じでついていけるなぁ、って自分に期待していたが、中盤ちょとらさんがペースをあげて、秒殺。体から出力されるパワーが違う。。。悔しいなぁ、もっと練習しよう(量ではなく質ね)。

最後の野猿でもずばっといかれて、おしまい。楽しい練習でした。ありがとうございます。ほんと、限界まで脚をいじめたので、帰宅後すぐ筋肉痛。うれしい痛みです。刺激がはいって乗鞍に臨めます。

今日は110kmくらい?月間累計は330kmくらい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 09, 2008

本栖湖スイム

土日のうち、どちらか本栖湖スイムとのことで、選択権がおいらにありました。ちょっと迷って土曜日にしました。仕事の疲れがたまっていて、土曜日にはとても走れないため。

しかし、うちの場合、お出かけも早い。6時前にはすでに出撃。眠い。すでに帰省ラッシュのようで、そこそこ渋滞。現地には8時ころ到着となりました。

今回は、とても空いていたので、目的の場所を確保。

Dscf0176

ここのいいところは、水が澄んでいるんだよね。

Dscf0148

カメラにハウジングをつけて、いっしょにスイム。湖底まで見えます。

Dscf0141

かなり離れていてもばっちり。写真はなつめちゃん。

Dscf0217

10時をすぎると、いっきに家族連れがきて、静かな湖畔は、どこぞの海岸のよう。。。パラソルに、イルカの浮き輪などなど。

で、うるさくなってきたので、撤収。雲行きもあやしくて、ときおりゴロゴロなりだしました。

車にのって、帰路についたとたん、豪雨となりました。山では雹もふったとのこと。いい判断でした。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 08, 2008

帰京

3日間、晩は接待と呑み、そしてホテルでバッフェの朝食と続いて、急に太った気がする。来週は急に絞らないとな。

まずは最初の打ち合わせ。だいぶ要点をつかんだので、プレゼン前に、こちらがお客様に対してやってもらいたいこと、まあ理想を伝えるようにした。本社からもってきたデモもわかりにくいし、プレゼンも詳しすぎて分かりづらい。まあ、おいらも最終日になって、やっとわかってきたというくらいだから、、、

興味をもってもらえるようになり、この調子で夕方最後の打ち合わせ。しかし、デモが最悪。最後に機械の調子が悪くなった。まあ、仕方ない。あとは話でつないで、次のアクションアイテムを確認し、一週間が終了。

なかなかよい時間になってしまい、ぎりぎりに空港に到着し、羽田へ。きょうは車ではないので、ラウンジでビールを一気して、飛び乗りました。

空いているはずの首都高も、例の事故による5号線封鎖の影響か、かなり混んでいて、リムジンバスを選択したことを後悔しましたが、うちの近くまで座れるのは大変魅力。

とはいえ、おうちについたらぐったりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 07, 2008

なかやすみ

朝、大阪入り。夏休みで空港はすごいひとだ。

伊丹空港を廃止しようと言った知事がいますが、とっても困ります。関空だけになったら、新幹線利用になりますね。

梅田にて昼飯、、、W炭水化物のラーメン定食。ご飯はおかわり自由とのことだが、米粒がまずい。おかわりする気にならず。

打ち合わせを終え、きょうは早めにあがり。温泉つきのホテルでまったり。背中の痛みがとれないため、マッサージをお願いしました。寝てしまった。

で、晩飯。

Sn3e0004

| | Comments (4) | TrackBack (0)

大台突入

てきとーに入ってガススタンド、、、外れでした。

まだ190円台だと思ったのに。。。

Sn3e0002

| | Comments (15) | TrackBack (0)

Wednesday, August 06, 2008

あっちへこっちへ

代理店さんといっしょにホテルにとまり、お客様の事務所に直行。打ち合わせを終えて、新宿にいき、やっと携帯を引き取りました。ついでに、デモに必要な器材を購入し、つぎの打ち合わせ場所へ。

ほとんど時間がないので、てきとーに飯を流し込み、連続で2つの打ち合わせ。今回あらためて本社マーケの話を聞き、競合のデメリットも確認したことにより、なんとなく戦略の道筋が見えてきた。このアイディアがあっているか、ブラッシュアップして、お客様の反応をみてみよう。

で、みんなと帰京。おいらは途中で分かれ、都内某所へ。

むかしの会社の同期があつまり、呑み会でした。生肉の刺身 盛り合わせ。うまかった。

Pa0_0003

懐かしい顔ぶれでしたが、結局は仕事の愚痴等々。遅れての参加ということもありましたが、あっという間に時間がたってしまい、残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 05, 2008

巡礼開始

本社からマーケが来日し、本日からカスタマーコール。。。デモ機械をもち、巡礼の旅です。

うちの売れ筋から外れているプロダクトライン。頑張ります。

仕事に支障がでてきたので、泣く泣く携帯を購入。ソニエリの海外携帯にしました。また防水機能はついていないので、気をつけてつかいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どいつもこいつも壊れてる

結局携帯は復活せず。防水でもないのに、いつもいつも汗まみれにしたのが悪かったんだよね、おいらのせいです。

もはやアドレス帳のデータすら吸い出せない状況。「やっちまったなぁ」って感じです。

今朝は雨のため、早朝散歩を遅らせ、雨上がりに散歩に。で、出張の準備をしてから、軽く走っておこうと多摩サイを1往復。

そういえば、ポラールのスピードセンサーも電池を入れ替えたのに、反応せず、、、が続いております。きょうは30kmほど乗りました。月間累計はたぶん220kmくらい。ポラールがあてにならないので、ここに書いておかないと分からなくなってしまう。

で、さくっと帰宅したら、そのあとから土砂降り。なんなんでしょう、このスコールは!恐ろしいです。

まずは打ち合わせ前に、新宿により携帯を買います。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Monday, August 04, 2008

つるしんスペシャル

つるしんの完走祝いのために、密かに用意していたワインをご紹介。記事はお店の説明の抜粋です。知らないで呑むより、知って呑んだ方がいいよね。

Dscf0084

[ヴュー・シャトー・サン・タンドレ 2005]

世界最高のワイン、今や時価30万円の[シャトー・ペトリュス]の最高醸造責任者ジャン・クロード・ベルエ氏が二人の息子とともに密かに造るワイン。メルロー主体、わずかにカベルネ・フラン樹齢30年(ペトリュスは樹齢35年)ブドウは全て手摘みで収穫後、ペトリュスと同じく内部コーティングしていない小さなコンクリート・タンクで発酵され、その後オーク樽(新樽比率10%)で14ヶ月熟成(ペトリュスは新樽100%20ヶ月熟成)しリリースされる。そしてボルドーの当たり年の2005年もの。

[シャトー・デュ・ムール・デュ・タンドル・
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2003]

樹齢82年の物凄いポテンシャ ルを秘めており、古樹から採れた濃縮果汁エキスはやは
り格別!!そして2003年ヴィンテージはあの数百年に一度 の猛暑が南フランスを襲った歴史的・奇跡的大当たり年!! 収穫はすべて手作業。年産6000本の希少なワイン。

[ボルゴーニョ・バローロ・フランコ・ボスキス・2000]

バローロ史上最高とも言われる超大当たり2000年。やっぱりイタリアワインはバローロだよね。まさに、バローロの真骨頂とも言える味わいです!!ピエモンテ屈指の老舗[ボルゴーニョ]が造る最高満点2000年の極上バローロ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

森練 自主練

かゆみでよく眠れなかった。2時間おきくらいに起きて、液体ムヒを塗り塗り。ステロイド剤はかゆみ止め入ってないんだろうね。気が狂いそうなくらいかゆい。で、ぼりぼり掻くと、よだれが垂れそうなくらいの快感。。。アホだ。

4:30AM起床で、メールをチェックし、お散歩へ。なんかまだ娘達には疲れが残っているようで、歩きも遅いし、ボール遊びもまったくしない、じゃれあいもしない。そのままとぼとぼ帰宅しました。

で、今日は早めに出撃し、自主練。森にいってまいりました。暑いので、おいこまず、それでも料金所をすぎるとあっぷあっぷ。タイムは76分でした。

帰路は灼熱。手元の温度計で39度とか。。。頭から水をかぶって、なんとか帰宅。へろへろになっちゃった。

そしたら携帯が。。。起動しません。壊れちゃったかも。

午後から仕事へ。雨が降りそうなので、車でGo。いろいろ打ち合わせして、雷雨の中帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いない世界

ニック・レーンの二部作を読んだ後、いま「人類が消えた世界」を読み始めた。考えさせられることが多くて、とても感想など書けないのだが、強く思うのは、人類として、生命としての弱々しさ。できそこないがよくこれだけ活動していると感じる一方で、複雑な生命がうまれた不思議さに驚いてしまう。

感想としては脇道にそれるが、冒頭にでてきたザパラ族の話が、いま自分の中で弾けそうだ。「闇の子供たち」のインパクトを引きずっていたが、それこそ「闇の大人たち」がこの歴史のなかでどのくらいいたのだろうか、、、と想像してしまう。搾取をこえる搾取。知らないことが罪であれば、わたしは何もしらない大罪を犯していることになってしまう。大航海時代からゴム農園まで、奴隷としての強制労働がなければ、いまの文明、都市は成り立たなかった。現在においても、一企業の存続は、把握もできないような周辺地域国家の底辺の労働力に影響している。この先、どこを目指して進めばいいのかすら分からなくなってしまう。

| | Comments (56) | TrackBack (0)

Sunday, August 03, 2008

怠惰な日々

たまにはいいか、とも思いますが、この土日 トレーニング的には無駄に過ごしてしまった。

体がいうことをきかなかったので、後悔する余地がないのですが、ちょっと悲しい。

二日酔いということではなく、ただ疲労がたまってしまったようです。歳をとって、若い頃のように無理が利かない、、、ということもないんですよね。いってみたら、若い頃もいまも、それほど無理をしているわけではない。

ただ、早朝起きがこたえるだけで。。。いまは時間があれば無制限に眠れちゃう状態。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 02, 2008

本栖湖スイム&ビアガーデン

4時に起床し、早朝スイム。

本栖湖に7時前に到着し、いつもの場所へ。。。しかし、キャンプ禁止なのに、キャンプしているひとたちが。。。仕方ないので、別の場所へ。

Dscf0040

まあ、どこでも泳ぐ娘たちなので、問題なし。夏本番で、おいらも湖に浸かりました。虫さされ跡をアイシング。冷やすとかゆみがうすれるからね。

Img_5981

4時間以上も遊びまくってから、お昼には撤収。がらすきの中央道をとおって、時間を有効に使いました。

で、夜はおうちでビアガーデン。おともだちをお呼びして、深夜まで。。。

Dscf0069 

結局、この宴会が原因か、疲労がたまりすぎて、翌日以降からだが動かず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

過去最悪の虫さされ

先週木曜日の森練の帰りに、多摩サイでやられました。フロントジッパーあけていたら、謎の虫が飛び込んできて、二突き。あまりの激痛で落車しそうなほどでした。

で、一晩たったら、恐ろしいほど腫れ上がりました。さされたところは白く、その周りはとても固い。ぱんぱんに腫れているので、毛穴がひろがっています。酷いです。

大きさは8cmx5cmほど。。。で、あまりに酷いので、医者にいきました。医者もびっくりしていました。とりあえずステロイドと抗生物質をもらい、様子見。

徐々にですが、よくはなっています。

しかし、痛みよりかゆみが強くなってきて、夜よく眠れないです。

これが夏ばて、不調の原因かと。。。

Dscf0028

| | Comments (14) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »