« ホワイトビール | Main | 多摩サイ 高ケイデンス »

Monday, August 11, 2008

多摩サイ50

当初は森にいく予定でしたが、体の疲れ、脚の張り、気温など、いろんな言い訳により、多摩サイにいくことにしました。今週末には、PJさんプロデュースのつるしんがあるしね。

すでに夏休みのお客様が多く、メールは少なめ、、、と思いきや、重いメールがいくつかあり、処理に手間取る。さらに、何気なくスイッチをいれてみた壊れた携帯が復活。アドレス帳の移植や整理などを始めてしまったら、時間がどんどんなくなっていく。

で、やっと11時ころに出撃。そとは夏まっさかりの温度となりました。止まると汗が吹き出る。まずは多摩サイを高速下までいくが、日陰のない土手はつらい。

いまおいらの課題はたくさんあるものの、力をもっと効率よく推進力に変えたいというものが、一番かと。

先日のV練で、エースとちょとらさんに付き切れしていくのが、とても悔しかった。中央道の談合坂あたりのような。アクセルべた踏みなのに、颯爽と軽く抜いていく車がいるわけですな。出力の違い、体の軽さなどなど複合的な要因がからまっていますが、結果は単純で、ついていくことができない。

なかなか萎えます。地道な練習により、コツコツと出力を高めること、そしてそれを効率よく推進力に変えること。いままでは、練習をたくさんして、体をつくることに重きを置きすぎていたかと思っています。後者も追いつつ練習しようと思いました。

きっかけは「ロードバイクの科学」ですね。最高出力が、最高ケイデンスに依存するという話がでていて、220とか190とかすごいケイデンスが例で載っています。おいらもここのところ試しているのですが、まあ無理。この日もやってみて、152が最高値。

みんなはどのくらいなんです?おいらは極端に低いのかしら。脚の慣性力をおさえこむため、引き脚をイメージして、おしりが跳ねないように注意し、全開、、、でも140から上は回りにくい。

これは脚の拮抗筋が、じゃまをしまくっているんではないかと思った次第。脚のなかで、ふたつの筋肉が、お互いに力を同時にだして、相殺している感じなのかしら。脱力、力を抜くことをもっとイメージした方が良いような気がする。

多摩サイの平地でイメージし、そのまま3km/3%で走る。。。時速は25km/hを下回らないように、、、って思いっきり下回ってしまいました。

とりあえず50kmほど走って、帰宅。ペダリング悩んでいます。

--

で、仕事に出撃。打ち合わせをして、かるく呑んで、はやめの帰宅。すこししか呑んでないのに、意外にも酔っぱらった。なんで?

|

« ホワイトビール | Main | 多摩サイ 高ケイデンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/42142359

Listed below are links to weblogs that reference 多摩サイ50:

« ホワイトビール | Main | 多摩サイ 高ケイデンス »