« 多摩サイ50 | Main | ずっと休養日 »

Thursday, July 03, 2008

サミットカードで貧乏神まで

もうすぐサミット。警備が厳しいね。新幹線のなかも、警官が巡回。

で、なにかいいこと決まるかな、良い方向に変わるかな。すこし期待しています。

環境問題って、地球と人間社会を別に考えすぎている感じがする。人間も動物だし、地球の一部。共存共栄って当てはまらない。太古の地球には酸素すらほとんどなかったわけだし、地球の構成はどんどん変化している。この変化をとめようというか、人間の都合がいいようにコントロールしたいっていうのが、本音なんだよな。

人間は地球の一部、でも人間の欲望だけがはみ出していると感じています。欲望には際限がない。どこまで資源をつかっても、欲求を満たせるか分かりません。ブータンの「国民総幸福量」の概念が、わたしには理想に思えます。地球にやさしい範囲で、今後も持続可能な環境で、夢をもって笑って生きていける。。。経済的な豊かさって、うえがない。

すこしでも考え方をかえて、幸せと感じるレベルを下げていかないと。食料問題がどんどん深刻になるなかで、まずは食べきる、残さないというだけで、かなり違うという話し。特に中国の工場では、社員食堂が食べ放題。それ自体は悪いことではないけど、あきらかに食べきれない量をよそっては、食べきれずに放置するとのこと。

おなじことをUSが地球資源に対してやっているんだよね。もし全世界のひとたちが、USの国民と同じレベルで生活したら、地球6個分の資源を使うことになる。おそろしくエコな生活を強いられている人たちがいることは、すぐに想像できてしまう。US富裕層の寄付文化って、なんか違和感あります。取り切れないほどの食べ物のうち、あまりものを渡していることといっしょじゃないの?

本来なら、世界中のひとと、分かち合うのが理想だよな。まずは独占して、その余りを配給している感じ。といいながら、いまとなればUSはここまでの強さはなくなってきて、中国が割り込んだ。南北格差だけでなく世代間格差、、、、もあるしなぁ。次の世代、その次のひとたちには、おいしいもの残っているんだろうか。

考えれば酷い状況だけど、すこしは良い方向に風がふくことを期待しています。

|

« 多摩サイ50 | Main | ずっと休養日 »

Comments

少し話はずれますが、僕はいまだに
地球温暖化人為説を信じていません。

太陽の放出エネルギーが0.1%でも変動すれば
地球の気候なんて大きく変わってしまうし、
それくらいの変動は普通にある。

エコに徹するのは悪いことではないですが。
10年前にはアメリカ人でエコを意識している
人なんて誰もいなかったわけですから。

Posted by: pj | Friday, July 04, 2008 at 15:33

CO2に原因ある温暖化は明確な証拠もないし、あくまで説になっていますよね。アイスボールというくらい地球が全面的に凍ってしまった時期が2度だったかしら、あったことが証明されているし、変動の割合って、ひとが仮にいなくても大きかったようですね。

未解決の天文学にも書いてありましたが、太陽のエネルギーやガンマ線バーストで雲ができるとか、いろいろな要因があるので、ひとつだけが犯人のわけないですね。

CO2犯人説は、これを金融システムに組み込もうとする意図も感じてしまいます。まあ、原油に投資されるよりはましかとも思いますが。。。

Posted by: おがわ | Friday, July 04, 2008 at 18:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/41725807

Listed below are links to weblogs that reference サミットカードで貧乏神まで:

« 多摩サイ50 | Main | ずっと休養日 »