« 木祖村 TT | Main | 気分は萎え萎え »

Saturday, May 24, 2008

木祖村 第一ステージ

2日間のステージレース。参加することに意義がある。第二ステージのスタートラインに立つことが目標だから完走しないといけない。

タイムトライアルの結果により、最後尾からのスタート。緊張のなか、スタート。クリートがはまらず、本当の最後尾。いきなり遅れて中切れっぽくなるので、前へ前へいく。最初から脚を使いまくり。これが反省点1。先頭付近で全員が走れるわけがないけど、もうすこし前に行かないとだめだ。集団にならず、一本棒状の展開なので、ひとりが遅れ出すと、一気に中切れだもの。

一周目の補給坂ではやくも千切れそうだったが、ここはクリアー。坂をおり、左に大きくカーブしたのち、バックストレートにでるが、そこからのゆる登りがきつい。最高心拍をここで記録。

2943

(写真提供 103さん 補給ポイントの坂)

後は時間の問題。2周目で遅れた。もはやこれまで。あとはギリギリの走行を目指すか、脚を残し、グルペット内で頑張るか。って後者しかないんだよね。後ろからくる集団を待ちながら、回復。で、ここにオーベスト 隊長が!

ここからいっしょに周回を重ねていきました。つらいがぎりぎりの走り。なんとかなるような気がした。ひとりふたりと増えていき、メンツは変わるものの4-5名で追い上げ。前の集団がトンネルや登りに確認できるようになってきた。これは追いつける。後ろからwotさん登場。この寒さで実力の半分も発揮できず。で、玉砕覚悟の鬼引きをしてくれました。そして寒さが増す下りで、役目を終え、切れていった。。。

しかし、突然脚が逝ってしまった。このところ無縁だったふくらはぎ。あまりに突然だったので、肉離れかと思った。動かなくなり、隊長にお別れをつたえ、離脱。自転車をおりようかと思ったが、回しているうちになんとか動く。DNFは必至だか、あと一周と思い、坂をくだる。

すると、ふたたびwotさん登場。無駄とわかっていたけど、最後にふたりで走ろうと、必死につきました。で、ゴールラインで赤旗。無念。

もの凄い挫折感のなか、お着替え。隊長についていけば、前の大集団に合流できたのを着替え中にみてしまった。ついていけたはず。脚の問題ではなく、こころの問題だと。

しかし、この隊長の集団も、あと1周のところで赤旗だった。ということは、おいらがどんなに頑張っても完走はかなわなかったんだ。一から出直し。

あとで冷静になってみれば、補給の失敗が最大の反省点。レースがつらくて、余裕がなく、水もミネラルもエネルギーも枯渇した。これが脚を攣ってしまった原因。こまめに摂らないだめなんだ。

|

« 木祖村 TT | Main | 気分は萎え萎え »

Comments

ちょっと!かっこEじゃないですか!
どこかの軍曹さんも復活のイデオンみたいなので
自分もボケボケしてられないなー

Posted by: にしご | Monday, May 26, 2008 at 22:44

格好いいかな?他の写真だと、鼻水ながして、笑っているように見えるけど、そう見えるだけで、苦しかったですよ。

復活おねがいします。また山いきましょう。

Posted by: おがわ | Wednesday, May 28, 2008 at 23:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/41322568

Listed below are links to weblogs that reference 木祖村 第一ステージ:

« 木祖村 TT | Main | 気分は萎え萎え »