« ハンガーノックで数馬まで | Main | 無事帰宅 »

Saturday, May 17, 2008

2008 糸魚川

今年はサポートで、とっても気が楽。いいなーサポート。Fitteからは20人近い参加者。サポートも3台。

集合時間が早い。最初の組が3:50AMスタートなので、3:00AMには高尾にいかないと。そうなるとおいらはお家を1時すぎには出たい。となると何時に起きるんだ?

あれこれ用意していたら、すごい時間になってしまい、2時間ほど睡眠してから、高尾にむけスタート。前日の奥多摩練の影響で、脚が終わってる、、、回復しようがないよな。

で、現地につく前に、がっつり補給?して、ちんたら走っていたら、Fitte サポートのヒロセさん運転するキャラバンが。。。おもわず風よけにしてついていく。げろげろの40km/h走行。いやぁ、いい練習になった。

さて、集合場所では、Fitteだけでなく、いろんな方とお話。いいなぁ、たまにはこういうイベントも。うだうだして、5:40AM組といっしょにスタート。もちろん車です。

おいらは相模湖ICから韮崎まで高速で。韮崎に先回りして、みんなを出迎え。はやくついたので、1時間ほどぼーっとしていました。といっても、誘導を手伝ったり、他のチームのひとのサポートしたり、、、でやっとSさんが到着。続々とやってきて、声をかけます。サポートと言っても、レースではないからね、やることあまりない。ボトルの水組んであげたり。ただいるだけでいいのよね。

Dscn4059

で、落ち着いたところで、一路大町へ。。。と思ったら、Sさんが落車したとの知らせ。P王子監督の指示で、現地にむかいます。落車は白州あたりと聞いていたのに、いないみたい。本人に電話かけると、走っているとのこと。富士見峠で待機するように伝え、先へ進む。。。すると、Sさんから電話で、自転車が動かなくなったとのこと。

で、本人と峠のピーク手前で合流したら、、、まあ、酷い状況で。。。ほんとこのまま走り続けなくてよかった。自転車がご主人を守るため、最後のちからで自爆してくれたとしか思えない。下っていたら、振動でばらばらになったと思う。

回収後、いっしょに大町へ。ここで参加者が通り過ぎるのをまつ作戦。白馬でサポート中のヒロセさんによると、後続の大町到着はまだ2時間以上かかるとのこと。

あまりに暇なので、練習しておこうと、チャリを組み立て、走り出し。。。ここで転んで動けなくなったら、なんの意味もなくなるので、慎重に。。。

ときおり通りかかる知り合いのサポート(迷惑ともいう)をして、暇を潰して、Fitteの到着を待ちました。で、やっと合流して、実走サポート。なんやかんやと45kmほど走れた。十分練習になった。

白馬からきたヒロセさんにもらったドーナッツ。

Sn370303

で、白馬へGo。白馬にておいらもしっかりおにぎりやおいなりをいただき、先行している組を追いかけます。。。

ほんと下りになるとチャリは速い。なかなか追いつかない。で、やっと洞門エリアにさしかかる手前の長いトンネルで追いつきましたが、今度は追い抜けない。

サポートカーを運転しているおいらでさえ、いらいらするくらいだから、イベントに関係のない、お仕事中のトラックの運転手が怒りだすのも理解できる。

なんとか抜いて、ゴールに先回り。やっぱり洞門エリアは怖い。みんな続々ゴール。

ふう、終わった終わった。二名完走できなかったけど、怪我しなかったので、なによりでした。

で、酒ですよ。宴会が始まる~。

Sn370305

|

« ハンガーノックで数馬まで | Main | 無事帰宅 »

Comments

Hiɡhly descrіptive post, I loved that a lot. Wіll there be a ƿart 2?

Posted by: home phone | Wednesday, May 28, 2014 at 05:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/41292555

Listed below are links to weblogs that reference 2008 糸魚川:

« ハンガーノックで数馬まで | Main | 無事帰宅 »