« 田沢湖 | Main | いただいてます »

Monday, September 24, 2007

真昼岳

毎晩日本酒呑みすぎ。吐く息が臭いような、おいしいような。

昨晩は泊まりのテントは3張。さらにデイキャンで、芋煮会をされたかた多数。どうもこのキャンプ場はBBQなどの日帰り利用が多いようですね。ひと組は遅くまで騒いでいたけど、マナーが、、、で。

この日は早めに起きるわんこといっしょに活動開始。さっさと朝食をすませて、出撃です。きょうは登山です。真昼岳を目指します。

赤倉口からのアプローチ。でも、駐車場があるというところまで、道が激しすぎてオデッセイくんでは登れそうもない。鳥居のある麓の広場に駐めて、歩いて目指します。真昼岳まではちょっと行程が伸びて5.8km。

先週の大雨で増水した沢をいきます。歩き始めてすぐに靴に浸水。激しすぎる山道。あまり人が通ったという気配を感じません。初心者むきとはいえません。わんこの散歩にも適さない。

Dscf9040

途中、熊がでそうな感じ。熊よけの鈴を忘れたことを凄く後悔しました。

Dscf9047

ぶなの林をぬけると一気に視界が開けました。が、切り立った崖。ここから山頂まで尾根沿いを歩きます。崖下をながめるかりんにハラハラさせられました。

Dscf9080

標高1060mとはおもえないほど、スケールのおおきな山です。

Dscf9073

風も強くて、崖も急で、落ちたら確実に死ねますね。

山頂からのながめは最高でした。360度パノラマです。遠く鳥海山が見えます。

Dscf9078

で、上がってきた沢は降りるには危険と判断し、峰越林道へでることに。

そのためには、尾根沿いに、2つの山を越えます。

Dscf9105

まー、激しい勾配。音動岳、北の股岳とUpDownを繰り返し、脚はぼろぼろ。

やっと林道にでて、ゴール!の気分ですが、ここからだらだらと砂利道をくだります。

Dscf9110

砂利道、おそろしく長かった。たぶん8kmくらい。もううんざり。

で、やっと原っぱにでて、車をデポしたあたりに到着。疲れているはずなのに、爆走をするむすめたち、、、あきれます。

Dscf9131

大地から勲章をもらいました。体中にびっしり草の種。

Dscf9147

|

« 田沢湖 | Main | いただいてます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/16573678

Listed below are links to weblogs that reference 真昼岳:

« 田沢湖 | Main | いただいてます »