« July 2007 | Main | September 2007 »

Friday, August 31, 2007

デスマーチ

さらに事態は悪化の傾向。もうどうでもいいよ、、、ってわけにもいかず。うー、渡米の可能性が徐々に強くなっているけど、どうなんだろう。渡米したって、らちが開かないということまで予想できる。ほんと予想通りの展開だ。

あさから電話会議。電話会議中に、たくさん電話がかかってきた。夜までに着信35件。留守電19件。過去最高。。。。

体調はあいかわらず悪い。低空飛行。体温計でチェック中。さて、あしたからどうするか。

8月は最高の夏の思い出になるはずが、後半の出張と、最悪の展開に台無しになってしまった。沖縄まであと70日も無い。やばい。不安が募る。今月はつるしん前に600km、つるしんで500km、つるしん後に300kmといったところ。1400kmくらい。もっと乗れたけど、仕方ない。だいぶ弱ってきた自覚がある。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, August 30, 2007

レバ練

恐ろしいほどの忙しさが続く。朝から電話会議が連発。感情的になって、こじれてしまった案件もあり、とっても大変。予想通りにある意味進んでいるだけに、このような事態はさけられたと思われるが、なにをどうしなくてはいけないかという問題意識がずれてしまっては、対策が打てない。敵は我々ではなく、問題そのものであるはず。協力しながらコトにあたるということから外れてしまっている。パートナーという意識をもってもらうところから仕切り直しだ。時間が無くてもそれしかない。

ずっと体調不良が続くが、このせいかもしれないなぁ。で、レバ練に。あまり呑んでしまうとつらいので、抑え気味。体調の悪さから、精神的にも落ち気味だったが、楽しい話題で気持ちが楽になった。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

Wednesday, August 29, 2007

ネットでお買いもの 第一弾

本日届きました。次期主力機につけるナビ。着々と準備中。

Dscf6161

これから続々と届きそう。この勢いでCanonの新型まで触手が伸びそうで怖い。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

でじたるどりーむ

朝練に行きたかった。4時半ころに起床。メールの処理をして、7時前に外出のため電車で出撃。さすがに朝練する時間がとれず。睡眠時間が短くてつらい。眠い。

時間がないので、新宿駅からタクシーにのり、移動時間で電話会議。朝立て続けに3本打ち合わせ。お客様側の準備不足の電話会議で、USのエンジニアの時間を割いて調整したのに、時間の無駄であった。

で、本日メインのはじまり。今日はMSさんにお呼ばれされておりました。

Dscf6154

内容はこんなの

知り合いが多くて、挨拶もできるし、勉強にもなるし、とってもいい機会でした。貴重なデータや、考えていなかったモノの見方を教えていただきましたよ。それにしても、日本ではCATVも衛星放送も成功したとはいえない、、、というのはなかなか思い切った意見だった。そんな日本でネットによる動画配信は根付くんでしょうか?アクトビラ、、、すでに失敗の予感。NGNのビデオサービスに期待している人いるとは思えんしなぁ。大きなHDTVを活かすサービスは絶対必要なはずなんだけどな。もうすこし時間が必要か。

夜のパーティーまで出て、名刺を交換し、ビールやワインをいただきましたが、炭水化物がほとんどなかったので、帰りに駅そば。。。わびしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 28, 2007

秋ですね

どんなに暑いといっていても、秋の気配。5時から散歩、、、しなくていいかも。

Dscf8750

帰国後やけに忙しい。もうてんてこまいまい。朝からいくつか電話会議して、メールの処理。あわただしく支度をして、車で出撃。北関東のお客様のもとへ。

はー、疲れる打ち合わせだった。言いたいことは山ほどあるが、これからのことを考えるべきときなので、ある程度は我慢した。それにしても自己中な方々だ。議論にならない。いっさい妥協しないのだから。それでうまくいくならいいけど、結局はうまくいかない。失敗するべくしてしている。こうなることは何ヶ月も前から分かっていたのに。。。今後も繰り返しそうだ。今回ある程度うまくいったら、次回は覚悟を決めてかかることにしよう。

夜遅く帰路につくと、激しい雷雨。ワイパーがきかない。とても怖かった。深夜、USと連絡をとって、2時過ぎに就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 27, 2007

自業自得

昨日の痙攣は故障にちかいものがある。今日になっても、ふくらはぎやふとももに相当なダメージが残ってしまった。負担をかけてなかったはずなのに、筋肉痛のような痛み。

睡眠不足解消のため、朝ゆっくり起床してしまったら、もう走る環境はないな。この体で再び35度の灼多摩にいったら、さらに体を痛めつけるだけ。ほんの少し走ったところで、強くなれるはずもない。今夜にでも、かるくローラーでも乗ることにしよう。

出張中、Bossのブログをよんで、やる気満々だっただけに、この故障はつらい。。。

水曜日、朝練できるように調整しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 26, 2007

暑さか?疲労か?大不調大乱調

成田から帰宅後、メールの処理などをして、できるだけ早く就寝。といっても10時すぎか。4:30AM起床で久しぶりの娘達との早朝散歩。じっくり深大寺へ。朝露がすごくて、草むらを歩くだけでびしょびしょ。

7:30AM 是政にて、とくはちさんと待ち合わせて都民の森へ。走る前は調子がいいと思っていた。走っているうちに、思ったよりも心拍が上がりすぎているのに気づく。異変に気づいたのは五日市街道に入ってから。そんなに負担をかけてないのに、脚が攣りそう??

戸倉のコンビニでじっくり休憩し、走り出すも、早くも苦しい。とくはちさんが強いのだと思っていた。しかし、本宿をすぎたら、一気に脱落。なんとこのアプローチの丘を登ることができないほど弱っていた。いくらなんでもおかしい。7km/hとかしかでない。いまだに原因不明。なんにもしていないのに、蓄積疲労なのかしら。だとしたら、脆い体だな。

夏風邪かとも思ったがそんなことはないようだ。だらだらと走るものの、帰りの脚がなくなるのを心配して、甲武分岐をすぎたあたりで、Uターン。戸倉のコンビニで、とくはちさんの帰りを待つことに。都民の森にたどりつけないとは、、、あまりのことに愕然。

かえってきたとくはちさんと、帰路につくも、今度は暑さにやられてしまった。手元の温度計では40度!一度つめたい飲み物が欲しくて、自販機にたちよるものの、停まると余計暑いことが判明。ふらふらになってしまった。多摩サイをおりてすぐの自販機で冷たい水を買い、頭からかけて、ひといきしていたら、全身攣ってしまった。あまりの激痛に、視界が狭まり白黒になるような。。。20分ほど身動きとれず。つるしん第1ステージ後の悪夢が再び。嫁に迎えにきてもらうとか考えてしまったが、なんとか自転車にまたがり走り出す。スピードは20km/hも出ない。

酷い状態で帰宅。風呂にいきシャワーを浴びるものの再び攣る。ほとんど痙攣。苦しかった。その場でしばし横になる。ひといきついてから、塩をたっぷりいれたインスタント味噌汁を3杯のみ、徐々に回復。完全に水と塩が足りなかったようだ。飛行機乗ったあとって特に脱水症気味になっているから気をつけないといけないんだった。

5時過ぎまで休み、いこうかいくまいか迷うものの、つるしんの打ち上げのため出撃。とても自転車には乗れないので、ひさしぶりに電車で。

Sn370191

つるしんの反省会と言ってもただの呑み会だった。来年はFitteで木祖村も、、、ということが決まったくらいか?もちろん、つるしんは継続参加しますよ。

体調が悪いので、いつもよりおいしいと感じなかった。

Sn370192

日本酒もなめる程度。

Sn370194

それなのに、結構酔いがあり、電車での帰路がつらかった。体が弱くて悲しくなる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, August 25, 2007

帰国する機内にて

せっかくのビジネスだったのに、恐ろしく奇声をあげる外人おばちゃんとその娘の口笛のため、快適に過ごすことができず。。。あー、もったいないことをした。

最初は狂っているのか、ハイテンションなのか分からなかったが、どうも咳ばらいみたい。テニスでサーブを打つときの奇声みたいだった。1分間に一二度のペース。まわりのひと全員が奇異な目でみてしまう。ほんと運が悪いとしかいいようがない。耳栓しても聞こえてくるよ。

Dscf6151

さて、向かい風がゆるいようで、1時間以上はやく到着するみたい。機内では、ニコラスケイジの「NEXT」や、ポーカーゲームの映画「ラッキーユー」、などなどを寝るつもりだったのに結局みてしまった。

お酒は抑えて、明日の出撃にそなえたつもり。でも寝れなかったのが痛かった。

Dscf6144

〆の029

Dscf6146

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15年前の紙幣

空港に到着。これからかえります。今回は呑みすぎないようにしようっと。

Dscf6143

こちらの上司に貸していたお金を返してもらった。もちろんドルで。円高になってしまったので両替したくなかったんだけど、つるしんのダメージが大きくて、換金することに。すると、5万円パックにしたら、手数料フリーでお得だよって言われた。そんなに換えるほどもらったわけではないのに、フリーという言葉につられ、万一に備えてこの15年間お財布の裏に隠しておいた100ドル紙幣を出してしまった。あれは一ドル80円近かったときに両替したモノ。。。あー、ちょっと後悔。手持ちのドル現金がだいぶ減ってしまったので、次回来るときは1万円くらい両替しないといけないじゃん。うーん、どっちが得だったんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 24, 2007

今日のしーふーど

今日で出社最終日。とりあえずできることをやるだけ。とはいうものの、やることがないんだよね。今回同行したお客様は日本での準備が疎かになりすぎて、本社にきても何にも状況が変わらない。行けばなんとかなると思ったら大間違いさ。さんざん来る前に言ったのに、強引に推し進めた上司のひとが悪い。おら、しらね。

で、別案件のフォローがおいらの今日の仕事でした。忙しいこと忙しいこと。次から次へと。飯食う暇もなく、仕方ないので、パートナーさんとふたりでランチミーティング。早口の英語で台湾なまりだからよく分からん。半分くらいしか理解できず。。。

日本と電話会議を2件こなして、こっちの上司と飯。きょうはしーふーどにしていただきました。

Dscf6142

あした帰ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 23, 2007

今日の029

一方的に要求を押しつけてきて、こちらから無理という言葉に耳を貸さず、結局うまくいかなくて人の性にする、、、そんなお客様がいます。ちょっとつらい、いやかなりつらい。最終的にスケジュール通りモノが出ない時点で、お客様の見込みというか計画に無理があったんですよ。もうあとの祭り。。。

まあ、そんなアホな案件は捨てておいて、別のお客様と飯。きょうは029にしました。ブルーチーズ入りのふぃれみによ~ん。

Dscf6140

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, August 22, 2007

久しぶりのUS出張

こんな夏休みの混んでいる時期に、いきなりの出張。つるしんの始まる直前に決まってしまいました。チケットとれなかったら、いかなくても済んだのに、あいにく取れてしまって、せめてもの慰めに、アップグレードポイントでビジネスにしてやった。つるしんと野辺山キャンプの疲れを癒してやるのだ。

いつもは通路側を確保するんだけど、ビジネスなので窓側にしました。

Dscf6125

ラウンジのときから、ワインとビールを呑んで、機内でもがつんがつんとアタック。

Dscf6130

全種類のワイン、日本酒を制覇しました!

Dscf6131

が、ダメージが大きくて、このままではやばい、仕事にならないとトイレに、、、、アホです。サンフランシスコにつくころには、お腹が空っぽでとてもハングリーな状態に。

で、今回の目的であるお客様と空港で待ち合わせするも、いない。。。結局合流できず。おいらよりずっと先についているはずなのに、なんでも2時間以上飛行機が遅れたそうで。。。やっぱりあの航空会社はだめですねぇ。

待っている間に、予約していたレンタカーはなくなってしまい、(というかおいらの飛行機も30分ほど遅れたので、その間にすでになくなっていた模様)、おそろしく小さな車になってしまった。ミヤタって言われて分からなかったけど、ロードスターなのね。。。

MIATAです。

Dscf6141

まあ、なんとかお客様をピックアップして、夕方からあわてて本社にて電話会議などなど。初日からばたばたで疲れてしまいました。

本番は明日からなので、今夜は早めに店じまいして、お食事へ。

Dscf6136

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, August 21, 2007

多摩サイ35

つるしんとキャンプの疲れがたまっているみたい。今朝はじっくり体を休めることに専念しました。

メールの処理をして、1時間だけ自転車。多摩サイを高負荷かけて走ることに。TTのように短時間がんばる。。。前方に34km/hくらいで巡航のふたり組を発見。後ろにつくと、すごく楽。このままでは練習にならないので、追い越して、今度は追いつかれないように頑張る。。。吐くほど頑張りました。心拍は180程度。まだ上がるはずだけど、この気温では。

二人組のおかげで垂れないいい練習ができました。さて、準備をととのえ、サンフランシスコへGo。飛行機ではゆっくり寝て、疲れをとろう。Upgradeポイントつかってビジネスだ。うれしいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 20, 2007

地ビール

福生の多摩の恵み。ボトルコンディション、、、このまま2,3年瓶のまま熟成可能なんですが、1年持たず空けてしまいました。

Dscf8587

金賞受賞のタッチダウン。日経ビジネスに記事がのって、つい飲みたくなりました。甘いビールです。そういうものです。

Dscf8743

| | Comments (1) | TrackBack (0)

野辺山きゃんぷのまとめ

つるしんの疲れを癒すため、また娘達との交流を図るための野辺山キャンプ。最終日は雷雨となり、怖い思いをしましたが、涼しい高原でサイクリングも楽しめたし、駆け足でいなくなってしまう夏を満喫しました。とはいっても帰路の八王子は40度。酷暑は続きそうですね。

意外にもすいているキャンプ場。芝生エリアを独占。

Img_2431

快晴で日差しが痛い。標高は1300m。太陽が近い。

Dscf6118

巨大な入道雲。

Dscf8689

綺麗な夕焼け。

Img_2451

そして満点の星空。いすを外にだして、飽きるまで眺めていました。流れ星がときおり。。。流れ星をみたのはひさしぶりというか、生まれて初めてかもしれません。星空最高でした。

かりんとオリーヴ。

Img_2550

飯。

Dscf8617

しゅうままにいただいた福岡の焼きラーメン。うまかった。

Dscf8707

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 19, 2007

川上村サイクリング

馬越峠を登って下りて、さらに短い大鰭峠をトンネルまで登って、馬越を登り返し。獲得標高1500m。意外と負荷のたかい練習になってしまった。

Sn370190

| | Comments (30) | TrackBack (0)

Saturday, August 18, 2007

麦草サイクリング

疲れがとれてないかも。。。自覚症状はないのですが。

なので、ゆっくり寝てから、涼しい高原をサイクリング。野辺山は27度。ここから心拍をあげないように、27Tくらいでからからと。膝が下がらないように、ももを意識的にあげるようにして登坂。峠は17度。寒いです。

脚が重く、余裕を残したヒルクライムも、5月に同コースを走ったときとは比べものにならないくらい走れているような気がします。実際にタイムも10分以上速かった。徐々に強くなっているのを実感、、、

Sn370188

思えば、つるしん出場を目標に去年の8月からトレーニングを開始。途中、怪我や病気があったけど、かなりいいトレーニングのペースをつかめたと思う。まだまだやり残したことも多いし、試したいこともある。きっと強くなれるはず。だって、まだまだ弱いんだもの。

つるしんはただ先頭集団が走った後を、グルペットとしてなぞっただけ、といってしまえばそれまで。自分の限界以上の走りをして、誰かについていくようなことをほとんどしなかった。それの繰り返しのオベ練のほうがきついくらいだ。来年はただ出るだけでなく、オベ練のような感じで走り抜けるようになりたい。それに耐えられる体と心を、この1年で作り上げるのが課題だね。うーん、楽しいなぁ、自転車って。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 17, 2007

野辺山キャンプ

さてさて、何度目の野辺山だろう?お盆の時期を外して、わんこのためにキャンプ。明日から天気が崩れる予報のためか、キャンプ場は意外と空いている。

Img_2424

都心は40度、こちらは26,27度くらい。雲がでてきたら、汗がひいてきた。非常に快適。明日は小雨ならリカバリーですこしのりたいな。きっと峠にいくだろうけど。

ひろい芝生のうえを爆走して楽しむ娘達。。。熱いアスファルトのうえを散歩することとは比べものにならないね。

Img_2427

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安静に。。。

脚の痛みがひきません。今日も安静にしないと。。。でも、来週はUS出張だから走れるうちに走っておきたいという考えもあるんですよね。

お盆中どこにも連れて行けなかった娘達。すこしでも涼しいところへと、きょうから野辺山でキャンプしてきます。自転車持っていきます。あしたあたりは麦草サイクリングするつもり。

つるしんのレポート ゆっくりですが、書いています。第2ステージまでUpしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 16, 2007

つるしんの余韻

つるしん走って痩せるどころか、62.6kgと太ったよ。なんで~?

つるしんのHPのムービーを改めてみて、余韻に浸っています。疲れと興奮からあまりよく眠れず。体調を崩さないように気をつけないと。

たまった仕事や雑務をして、ハリ治療にいってきました。先生にびっくりされるくらいに体中ぼろぼろでした。あちこちメンテしてもらうと、壊れていることが理解できました。朝なんてあまり痛みを感じていなかったのに、腰の奥にある脚とのジョイント部分に、各方向からハリを打ち込んでもらって、筋肉をゆるめてもらったら、重さが如実に感じられ、歩くのが精一杯の状態。背中の筋肉も相当のダメージ。処置中は悶絶でした。こんなに痛かったのは初めて。5日間でほぼ24時間サドルのうえで、もがきつづけた代償はでかかった。

さらに、点滴や栄養剤の注入を薦められました。ハリで筋肉をゆるめて、血流をよくすることはできるけど、血液自体の能力が弱まっているようにみえるので、効果を最大にするには必要だそうで。アンチドーピングでも、この治療はOKですね。ただ病院にいく時間がない。

それ以外に痛いところはおしりのまわりの股ずれとお財布。参加料からサポート費用、準備に新兵器投入までいれたら20万近く使ってしまった。サポートカーのガソリン代が異様。あのコースを先頭と最終走者の間を全開で走行していたら、燃費は最悪ですよね。水もたくさんのせているし。

まあ、来年に装備と経験は活かせる。つるしんは、プライスレス!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Wednesday, August 15, 2007

ツル信レポート~第4ステージ

ついに最終日。なんかあっという間だ。最初は非日常だったことが、日常になってしまい、4時に起きて飯をくい、準備をして、6時過ぎにスタート地点へ移動して、7時スタート。。。という一連の動作に慣れてしまった。

本日のコースは最終日ということもあり、短め?

4st_1

実際のデータ。よく心拍数が抑えられた。最後は暑さでへろへろだったけど、涼しければ最後まで垂れない走りができたはず。

スタート直後は、ゆるい登りで、大垂水みたい。オベ練のほうがつらい。ついていこうと思えばいけちゃうけど、P王子監督のアドバイスにより我に返り、心拍を抑え出す。それでも場面場面で、勝手に指名したマイライバルやSK持選手と前後した走り。一度はメッシーにも追いついた。

4stp_1

そこから、シマノの2選手がつくる集団でまったりしてしまい、どうしようか悩んだ末、先行しているSK持選手を追う。シマノとの練習にきたわけではないもんね。単独でも自分の限界一歩手前で走った方がいい。

くだりでSK持選手をとらえ、良いペースで逃げているイメージ。でも、ここからSK持選手とシマノが一気に追い上げ。。。八方尾根に突入する前に捕まってしまいました。

SK持選手より、最後の登坂までに差を5分くらいにしておきたかったが、集団での追い上げでだいぶ削られた。くそー。

で、登坂開始。いっしょに登り始めたKもり選手にはとてもついていけない。P王子さんからSK持選手と1分半と教えてもらって、もう絶望。暑さにやられて、脚が回らない。結局SK持選手だけでなく、ほかの2選手にもとらえられて、へろへろでゴール。

 

Dscf6073

最終日ゴールしたら、泣くかも。。。なんて思っていましたが、いまひとつ。後悔したことがあるし。これは来年も絶対でてやらないと。

たけっちさんと記念写真。わたしの指は初完走の1。たけっちさんは黒星(リタイア)が2という意味だそうです。

Dscf6068

監督さんと記念写真。忙しい方なのになんであんなに強いんだろう。まったく背中すらみることもできませんでした。

Dscf6069

閉会式。もうみんな仲間って感じです。

Dscf6097

P王子監督の〆のビール。うまそうでした。実はこっそりひとくち飲みました。

Dscf6100

意外にも量があるそばでした。うまかった。

Dscf6101

で、諏訪の花火大会の渋滞をさけて、上信越~関越~圏央道とのりつぎ帰宅。意外と早く着きました。

おつかれやまでした。感謝しきれませんが、また来年もでたいです。ただ走るのではなく、ちゃんとレースできるようになって信州に帰りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つるしん速報~第4ステージ

今日も酷暑でした。が、第一ステージ、第三ステージよりはまし。白馬で32度くらい?

小川ロードの舞台あたりまでは快調でしたが、最後の黒菱林道が暑くて激垂れ。無事完走できたものの、SK持選手に抜かれました。完走できたうれしさ、負けた悔しさ、入り交じり充実感はいまひとつ。。。

晴天続きで、日本の山々、とくに霧ヶ峰あたりを仲良くなった他チームと爆走するなんて、とても幸せな日々でした。サポート、スタッフ、そして場を提供してくれた主催者夫妻に感謝。ほんと感謝しきれませんね。

27位 4:50:24 Topから52:42遅れ。総合成績は、26位 23時間16分。SK持選手と2分差くらいでした。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Tuesday, August 14, 2007

ツル信レポート~第3ステージ

試練の第3ステージが始まります。地蔵峠までの道が複雑なので、何度も復習をしましたが不安。

メッシー選手のご両親が応援に。

Imgp1134

仕事で迷惑かけっぱなしのとくはちさんも応援に駆けつけてくれました。

Imgp1143

本日のコースは、ビーナスラインをメインに走る観光にはうってつけのコース。しかしUpdownがきつすぎる。カテゴリー超級と1級。そのほかに脚を削る十分な勾配の峠が多数。

3st_1

実際のデータはこんな感じ。3900m近い獲得標高でした。

3stp_1

有名なヒルクライムの舞台である美ヶ原を登り始めます。レースに一度参戦、試走をあわせて4回目の登坂ですが、とまりそうな勾配。でもおいらだけが遅いわけではないと分かったので、じっくり脚を残しながら登ります。。。。が、思ったほど脚が残らない。心拍170オーバー、想定外です。ここまでやらないと登れなくなっていました。

湖あたりの平坦では、たけっちさんの後ろにつかせてもらい、先行する坂バカさんをとらえました。このあと、PanaのKもりさんとも連結し、3名の集団。いいペースで登りますが、坂バカさんがやはり強い。ちょっとしたカーブで置いてかれてしまう。そのうち、前方にSK持選手が見え始めました。1分遅れで峠を下りはじめ、いっきにとらえました。さらに京大、シマノとも連結し集団を形成。このままビーナスラインへ。

サポート登場。
Imgp1186

きもちいいビーナスラインを、気持ち悪い心拍数ではしる変態達。

Imgp1198

集団からSK持選手が飛び出していき、おいらもそれを追う展開へ。美ヶ原到達は集団のあたまをとることができました、うれしいなぁ。やっぱりレースだからね。

Imgp1235

ここからの下り基調の高速ローテで、Kもりさんがいなくなり、4人集団。このまま地蔵峠へのアプローチ。こういう平坦は得意なんです。ゾンビ脚炸裂で、後続をアヘアヘ言わせることに成功。アタックもできたんだけど、レースとはいえグルペット。先頭をながくひかせていただきました。

このハイペースで、先行する選手をぞくぞくとらえました。そのなかには、雲の上の監督さんまで。実際はコースを間違えた上に、熱にやられたそうで。

おいらも熱にやられ、途中の自動販売機で休憩をとりました。汗がひいてしまい、暑いのに鳥肌がたちはじめ、頭が痛くなってきたため。ジュースを3本立て続けにのみ、しばし休んで心拍を落としてから登坂開始。

標高が高くなるにつれ、楽に登れるようになって、ペースアップ。いっきにゴールへ到達。いや、うまく登れたなぁ。

ライバルのSK持選手より25分以上先着。ラーメンで乾杯です。

Imgp1255

上田の宿について、最後の晩餐。意外にもおかずが多く、おいしかった。

Dscf6066

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つるしん速報~第3ステージ

ゾンビ脚炸裂!SK持選手に先着しました。

それにしても酷暑です。地蔵峠に登り始める前は絶好調だったのに、あまりの暑さにへろへろ。自販機をみつけて、ジュースを3本買って休んでしまいました。熱中症一歩手前になっていたので、休んでしまいましたが、これが正解。そのあと、標高が高くなるにつれて、徐々に調子がでてきました。

結果23位 Topから1:06:56遅れの6:10:18。メッシー選手、凄い11位 BR-1を4人かわしてのゴール。5:44:10。 SK持さんは、29位 6:36:04。

あすも酷暑。不安です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 13, 2007

ツル信レポート~第2ステージ

宿の談話室のようなところで4:00AMから飯の支度。だんだんと慣れてきた。しっかりと飯を食い、出撃。試走をしたSK持さんの先導で、スタート地点へ。

Imgp0991

昨日と同じ7:00AMスタート。今日のステージは、乗鞍畳平をめざすコースです。

2st_1

野麦とその前にはだかる寺坂も、そして白樺は逆走とはいえ試走済み。乗鞍は先週途中で断念しているだけに、なんとしても登りたい願望が強いです。その分不安も。。。

2stp_1

105kmで獲得標高は3200m。

試走していたからか、ペース配分がうまくできたみたい。集団のメンツも昨日でだいたい分かった。先頭を長く引かず、無理せずローテ。

Imgp1017

寺坂峠までの直登も無理せず、マイペース。遠ざかる背中を見送り、29Tをからから回して心拍で登る。

Imgp1055

スポットでスーパーサポートのひろせさん、A木さんが登場。うれしいなぁ。力がでます。

Imgp1063

野麦のようなゆる登りは嫌いではない。そしてそれに続く白樺も。。。途中、集団を構成していた他のチームの方といっしょに登り始めるも、おいらのほうがちょっと速い感じ。良い気持ちで進めました。

乗鞍観光センターを左折して、駐車場まで。。。ここが意外にも長く感じます。最後のサポートをうけて、登坂開始。心拍を160程度におさえて、最後まで垂れないように。

そのころ、エースのメッシーは遙か上空。

Imgp1073

淡々とペースを守り、先行していた3選手を抜く快挙。みんなの荷物を背負い、実走したP王子さんが待つゴールへ。

Imgp1080

山頂は良い天気。すがすがしいです。昨日のダメージがうそのように、簡単に走れました。聞けば、マイライバルSK持さんとそれほど離れてなかったみたい。もっと頑張ればよかったかな。

Imgp1086

調布~乗鞍ファストランでたどりつけなかった場所だけにうれしさは倍。

ひろせさんとA木さんの待つ駐車場まで、気持ちよくダウンヒル。
Imgp1109

駐車場で着替えて、記念写真。

Imgp1114

みんなでご飯を食べようと、そば屋にいってみるものの、どこも檄混み状態。あきらめて、ひろせさんたちとお別れ。松本の宿に向かいました。

その途中、松本のそば屋で遅い昼食。腹がへって死にそう。

Dscf6063

もちろん宿でも食べますよ。昨日の経験をいかして、さっそくお総菜を導入。買ってきた方がうまいんだよね、悲しいけど。

Dscf6064

この日はBR-1様と同部屋。いろいろお話しをきけて得しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つるしん速報~第2ステージ

今日は暑いといっても、高原を走るため、昨日と比べて10度近く低く、熱中症になることなく走りきることができました。思えば、昨日は頭痛が酷くて、やばい状況でした。Topの小嶋選手から遅れること5543秒!一時間以内にゴールに到達。5:20:5026/39人完走でした。乗鞍の登坂、そんなにつらくなく、淡々と登っているうちに先行していた3名を抜く快挙。調布~乗鞍のときよりも、脚が残っていて楽でした。さて、明日は最大の試練といわれる第3ステージ。1日目2日目のつらさを思い、3日目をノーマークだったので、やばいです。

メッシーが16位 5:05:47 SK持さんが24位 5:17:42

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sunday, August 12, 2007

ツル信レポート~第1ステージ

4:00AM起床。宿にて自炊の飯を食い、出撃準備。

朝日を浴びて、まだ元気な姿を記念写真。
Imgp0905

スタート地点にて。我がサポートカー ステップワゴンをバックに。

Imgp0915

ここからは写真が少なくなります。最初はカメラを持って走ろうかと思いましたが、あきらめました。持たなくて正解。とてもそんな余裕はなかった。P王子さんもサポートで忙しく、写真まで手が回らなかったとのこと。

第1ステージは、長距離です。過去10年間でも最長とのこと。最後の峠は崩落して通れなくなったそうで、油坂峠に変更になりました。

1st_1

実際に走ったデータはこちら。

1stp_1

171kmで獲得標高は2280m。

いきなりのななし峠で心拍をあげすぎた。データを見れば、徐々に弱っていくのが分かる。やはり初参加の興奮と不安で、前へ前へと意識が飛んでしまった模様。登りが苦手なのに、SK持選手より先行して峠をパス。

つぎの八草峠にはいるところでSK持選手に交わされ、あっという間に見えなくなる。峠にかかるトンネルは長い登り勾配。たけっちさんのあとでツキイチ。一度も前にでれず。もう体力的に後がない状態にいきなり追い込まれてしまいました。トンネルをぬけて、しばらくすると後続が追いついてきて、集団走行になるも、たけっちさんがかなりの時間先頭固定。強い。

ダムに到着し、先頭から3分遅れと知らされる。思ったほど離されていない。意外でした。みるとつづら折りの向こう側に先頭集団と先導車がみえるほどでした。しかし冠山林道へのアプローチであるアップダウンで、もうだめ。

この厳しいところで、Fitteジャージ?が前方に。帰省していたタカイさんでした。

Imgp0933

タカイさんに写真をとってもらいました。うしろにはたけっちさん。笛にバックミラーとおはサイと変わらぬ姿、いやボトル5本とスペシャルバージョン。

Dscf3047

決して笑いながら走っているわけではありません。苦しくて口で息を整えていました。

Dscf3078

厳しい峠にさしかかり、みんなそれぞれマイペース。集団で走ることはこれ以後なくなりました。ときおり、ペースがあうひとといっしょになりましたが、ほとんど単独走。

オーバーペースがたたり、さらに大野の市街地の熱でとどめ。九頭竜湖までのアプローチでへろへろ。汗がとまって、頭痛がしてきました。完全に熱中症を発症していましたが、制限時間内にゴールにたどりつくべく、疲れた体に鞭をいれます。自分にできることは休まずに進むことだけ。

チーム内で最終走者のおいらに、サポートのP王子さんが車で後ろを固めてくれます。へんな走りはできない。でもあまりの暑さに九頭竜湖に飛び込みたくなる衝動がありました。

Imgp0950

暑くて倒れそう。。。

Imgp0958

最後、左折してトンネルまでラストスパート。。。と思いきや、「あと6km、45分」という声で完全に萎えてしまいました。まじ???白石並じゃん。もうゆっくり上がろうと、カーブをまがったら、ゴール??が見えてきた。あの応援とっても効きましたよ。

で、感動のゴール。

Imgp0967

いま思えば一番うれしいゴールでした。辛かった道のりにうれしさは比例しますね。

とまった瞬間から、脚、腹、脇腹、腕、さらには首まで攣ってしまいました。暑さでオーバーヒートし、脱水症状まで。

Imgp0975

まったく動けない状態。みんなが帰りの準備をすすめているのに、なにもできませんでした。ほんとつらかった。北丹沢のとき依頼の状況に陥りましたね。

帰路、さっそくリカバリー。

Dscf6059

宿はユースホステルでした。わたしユースは初。きのうとは設備が雲泥の差で、とてもよろしい。きれいだし。ただ大部屋で20人くらいといっしょ。

Dscf6061

激戦だった洗濯機確保のジャージ洗濯、ボトル洗い&ピックアップ、泥だらけの自転車掃除などなどやることはてんこもり。

めしの時間まで忙しく動き、6:00PMに食事。これが情けないほど少ない。ご飯だけはおかわりできるんだけど、他のチームは賢くて、ちゃんとおかずを別に購入してきていました。これが経験の差ですね。

Dscf6060

アイマスクに耳栓をして、はやめに就寝。きれいな布団でよく眠れた。ほんと昨晩とは快適さが違う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つるしん速報~第1ステージ

無事時間内完走をいたしました。が、みなさん速い。26位/43人出走でした。175km弱で、6:49:32。トップから1時間18分47遅れ。

チームのSK持さん、6:27:18 メッシーさん、6:39:54、Topは小嶋選手で、5:30:45でした。

とにかく暑くて、熱中症一歩手前。ゴール後、全身をつりまくり、ミネラル&水分不足。

Imgp0975

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, August 11, 2007

ツル信レポート~プロローグ

朝というか深夜かな、3:00AMに起床し、コンビニにより、集合場所へ。。。糸魚川に続き、ピックアップ失敗。別の集合場所ポイントへ急いで走る。すでに汗だく。4:15AMに合流。

Dscf6001

ここからプロローグ会場の余呉湖まで。途中、事故渋滞が連発。あきらめて、土岐ICから別ルート。第1ステージのコースの下見を兼ねながら、11:00AMすぎに到着。まだ時間があるので、琵琶湖などを観光。

Dscf6009

Dscf6013

もうすぐ閉店という寂れたドライブインで昼食。レトルトの味&意外にも高い。さい先悪い。

Dscf6016

Dscf6015

余呉湖に到着し、用意を整え、さっそく走り出す。3.9kmの個人TTとはいえ、寝不足と長旅で疲れた体には激しい運動です。

湖ちかくまできれいな田んぼがひろがり、きれいなところですね。賤ヶ岳の合戦場跡はこの近くらしい。
Dscf6024

スタートラインにて。

Dscf6027

まず、前座レースとしてスタッフ、サポート員による同コースを利用したTT。近藤さんも走りました。うちからは本来ならエース格のスーパーサポート P王子が出走。見事5:41で優勝!おいらより4秒も速い。

ロケットスタート、躍動感あふれるP王子。
Imgp0860

TTは最初の1分をどう乗り切るかできまる!。。。とどこかで聞いた。最初路面がでこぼこしているので、ここをおさえて乗り切り、1分後から追い風にのり全開という作戦。

しかし、興奮状態に陥り、カウントダウンとともにヒートアップ。でこぼこも構わずスピードをあげてしまい、心拍は195。さらにママチャリ並走のふたり組に進路を軽くふさがれ、スピードにいまひとつ乗ることができなかった。リカバリーしようと焦って踏むものの、前半の2分で垂れ始め、最後は180程度まで落ち、へろへろでゴール。たった5:45の短いTTにもかかわらず吐きそう。。。でもおいらだけでなく、まわりも吐く、とか気持ち悪いといってゴホゴホしていた。

片付けをして、宿へ。

Dscf6042

宿は、、、、でした。洗濯やら、明日の準備、飯などやること多い。

Dscf6045

いま考えるとここの飯が一番うまかった。琵琶湖でとれたかしらんけど、鯉の洗いや地元の野菜をつかった料理。

夜はTTの表彰式と明日の注意事項など。前座レースで優勝のP王子。

Dscf6048

疲れもあって、すぐに就寝、、、しかし蚊の大群におそわれ、SK持さんとおいらは悩まされるのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つるしん速報~プロローグ

4:00AMに深大寺にてピックアップしてもらい、渋滞を回避しながら、琵琶湖をめざす。勝沼の手前では事故が発生したばかり。1時間遅れたら大変なことになっていたと思います。

関ヶ原でも事故で、土岐から分岐して、関から下道。11時にプロローグの会場に到着。寂れた琵琶湖沿いの観光地をみて、時間をつぶしました。

35度の猛暑のなか、プロローグ49kmのド平坦開始。結果は、、、5:45。27位/43人出走でした。

Dscf6036

サポートとスタッフによるプリプロローグで、P王子さんが5:41で見事優勝!

Dscf6047

リザルト。

Dscf6051

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 10, 2007

てんてこまいまい

今日はゆっくりつるしんの準備。。。なんてことにはならないな。

早朝暗いうちから、オリーヴちゃんサービス。その合間に電話会議を2本。帰宅後、メールの処理、電話、びっくりニュースなどなどあり、つるしんのコースを復習する暇がなかった。みんなも仕事の合間に5日間のステージレースに出るため、大変な思いをしたんだろうなぁ。スタートラインにつくまでに相当労力と金がかかっているよ。

仕事以外にもやらなくてはいけない雑務、確認事項も多く、なんかよく分からなくなってきた。とりあえず15日の夜までは忘れてしまえ。お盆明けが今から怖い。

さて、ひととおり準備は終わった、、、、はず。忘れ物があるような、ないような。思いもしなかった落とし穴に嵌っていたりして。走る前から不安の塊。まあ、こんなことも楽しんでいるんだけどね。忘れ物があったら買えばいいや。最低限のものは持った、、、、はず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 09, 2007

お知らせ

つるしん期間中、PCを持っていきます。ちらっと何かかければ良いんだけど。そんな余力あるかしら。

明日の「ぽちたま」にうちの次女かりんちゃんの兄弟犬シエルくんが出ます。興味のある方は必見です。ミュンスターなんて超マイナーだし。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

灼多摩調整

おはサイの日だがDNS。当分DNSだな。盛夏になって、朝から気温が高くなった。オリーヴちゃんの散歩のスタートがついに5時から。おはサイと重なってしまった。7時スタートでは暑すぎて、散歩が拷問になってしまう。焼き付くアスファルトの熱が、わんこには堪えるのだ。

というわけで、今朝も5時すぎからお散歩。ときおり冷たい風が吹く。夕方の散歩を短くするため、長めに歩き1時間半ほど。疲れました。帰宅後、しばし朝寝。

本社との連絡や緊急のお客様からのお電話応対などなどあり、今日も忙殺。お盆前にみんな殺気張っている。組合があるから、休まなくてはいけないらしい。なんて無意味な社会なんだ。かえって首をしめている。もっと柔軟にできないのかしら。CO2削減とは、全部止めてしまうことではないのだ。

落ち着いたところで、4時に出撃。新しいタイヤ、ブレーキシューなど走ってみないと分からない。案の定、微調整が必要だった。多摩サイを高速下まで軽めに往復。今月はこれで600km。

仕事の合間に、つるしんの準備。着替えなどちょっと多めに持っていこう。うーん、もう明後日なんだな。早いモンだ。きっと走り出してしまったら、あっという間なんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 08, 2007

チャンポン玉大好き

なんだかとっても忙しい。メールの処理や資料作りなどで忙殺。その合間に、タイヤを張り替えたり、ブレーキシューを取り替えたり。。。

3時から打ち合わせ。いつもならJITE2しちゃうところ、電車で出撃。2件の打ち合わせをこなし、最後はお客様と暑気払い。

Pa0_0000

博多名物のもつ鍋です。丸腸いり。最後はチャンポン玉。本店が博多にあるだけに、おいしいよ。悲しいことに、これだけで足りず。。。帰宅前に吉野家によって、大盛り食ってしまった。おいらの胃袋、乗鞍からおかしくなっている。われながら底なしだ。つるしんにむけてカーボローディングという意識もあるから歯止めかからず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 07, 2007

リカバリー

昨日までの疲れと軽い興奮状態で、よく寝付けず。仕事やネット巡回などで夜更かししてしまった。

今朝はいつもより早く起きてしまい、仕事開始。月末にかけて忙しくなりそうだ。本社からひともくるし。5時すぎに、いったん落ち着いたところで、ゆっくりお散歩。歩くと、脚が死んでいるのが分かる。3日振りのオリーヴちゃんの爆走をみて、癒されてから帰宅。

帰宅後すこし横になり、お出かけ。まずは予約していたハリ治療。いつもより長めに治療していただいた。左膝まわりが酷いとのこと。今回PJさんに、左右のペダリングがだいぶ矯正されたとのうれしい指摘をうけました。確かに三本ローラーのせいかもしれない。そのため、弱かった左脚にやっと均等に力がかかるようになってきたから、左が悲鳴をあげたのかも。

きょうはメールの処理などあり、自転車の掃除や片付けは明日以降だな。とりあえず体をやすめる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, August 06, 2007

おとなの合宿

土日月と高原にてサイクリング?を満喫してきました。

500kmほど。獲得標高は7000mちょっとでした。すげー。

企画立案先導のPJさん、サポートのシノラーさん親子には大変お世話になりました。いい勉強させていただきました。

来年も第二回目があったら是非とも出たいと思う自分がおります。よろしくお願いいたします。

自走班は前にも増して、固い絆で結ばれたチームワークができたと実感しました。まさに合宿。次回はとっておきのワインでも一本もちこみたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鰻丼がまっている

昨日の心地よい酔いが覚めぬまま、5時過ぎ起床。すでに朝練が生活習慣病なひとたちが動き回っております。みんなで軽く高原をお散歩がてら、お目覚めサイクリングにいく約束をしておりました。

6時に出発。サルトさんは別行動で長峰登り返し。おいらたちは近所を軽く流し、、、なんてことはなく、峠に向かいます。

Dscf5930

ガスがでて視界が非常に悪い。寒いので、アームウォーマーにウインドブレーカー着用。曇っているのは地表面だけで、上空は青空。とっても幻想的でした。

Dscf5938

睡眠不足と、400kmにもおよぶ激走の疲れ、お酒といろいろな要因でとっても眠い。PJさん、まさにジャンキーみたいですよ。

Dscf5940

サイクリングペースのはずが、案の定汗だくに。旧地蔵峠(No.8)をいただきました。苔むす濡れた路面に気をつけて下山。

Dscf5943

あとはおいしい朝ご飯、、、と思いきや、おいらの峠コレクションを増やすため、PJさんがもう一つプレゼントしてくれました。いやー、うれしいような悲しいような。お目覚めサイクリングなのに、こばやしさん苦しそうです。もうれっきとした朝練ですね。

で、むかったのは九蔵峠(No.9)。昨日みえなかった御嶽がくっきり。苦しいけど登ってよかった。

Dscf5946

ちょっとした登りがまだ続きましたが、あとはペンションに直行。ガスもなくなり、清々しい。路傍には花がさき、鳥が歌い、最高です。ヘビがひかれていたけど。

Dscf5950

飯を食べ、サポートにまわったとささんは車で、残りの5名で帰路につきます。行き先は上諏訪。温泉と鰻がまっているはず。

基本的には下り基調。ただ、登り返しがありますね。PJさんがみんなの脚にやさしい負荷で引いてくださいます。

Dscf5971

いくつかの丘をこえ、ついに難所の権兵衛トンネルに、いざ入ります!長いトンネルだ。

Dscf5981

トンネルの中は下り基調。でも軽く向かい風。PJさんとふたりでローテをし、一気に抜けるべくペースを限界まで上げます。先頭では全開。それでも13Tは回りきり、60km/hがやっと。55km/h以下に落ちると、PJさんが先頭に。後ろにつくと、ペダルを回さなくても進みますね。

トンネルを抜けると、そこは伊那。ここから高遠~入笠山にぬけるといういずみさんとお別れ。お世話になりました。自走班もついに4名。国道をくだり、辰野からショートカットで下諏訪へ。

このショートカット、ノーチェックでした。カテゴリー4級くらいかな?なんて思いはカーブを曲がり、先が見えるたびに打ち崩されていきました。PJさんとサイドバイサイド。苦しいけど、走れないペースではない、、、という感じ。いくつか偽のピークを越え、やっとリアルピークにたどり着きました。うれしかったなぁ。有賀峠(No.10)、しっかり1000m級でした。こえるのに400mほどの標高差。

Dscf5983

ここからは下るのみ。諏訪湖に戻ってきました。いつも諏訪湖は通り過ぎるので、じっくり湖畔を走ったのはほとんどないです。温泉宿があるんですね。

Dscf5986

サルトさんお勧めの鰻屋さんへ。ついにゴールです。サルトさんは仕事のため、温泉も鰻もパスで一足先にあずさのひとになりました。

Dscf5988

おきまりのビールをのみ、3400円の松 鰻重をいただきました。なかにもう一段うなぎが仕込まれています。割き立て、焼きたてでした。

Dscf5990

ここでとささん夫妻とお別れし、残った3名で温泉に。昭和ひとけたのころに立てられたリゾート施設 片倉館。

座ってゆっくり浸かれないほど深い湯船が特徴的でした。

Dscf5993

さっぱりしたところで、おいらたちもあずさのひとに。。。月曜日なのに、非常に混んでいて、一本遅らせ、指定席をGet。ゆっくり座って帰京いたしました。

みなさま 最高の夏の思い出をありがとうございます。おかげで思い出だけでなく、脚の痛みも残りました。。。つるしん、精一杯がんばります。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Sunday, August 05, 2007

オーベスト合宿

合宿とはいえ、自走組はなんとなく別行動しているみたい。結局西谷さんとお話しする機会もなかったし。

現地集合組は、初級班、上級班と別れて、2日間周辺の山々を駆けめぐっていました。初級と言っても、あの辺の坂は長くて厳しいから、決して初心者向きではないですよね。上級班にいたっては、峠と峠の移動区間が恐ろしい高速ローテで突き進んでいくので、ゲロゲロげーです。

朝、準備をすすめる自走班。。。なんか疲れ切っていますね。

Dscf5863

乗鞍高原でのオーベスト大集団。壮観です。

Dscf5867

集合写真を撮ったのですが、汗臭い上昇気流がおきて、走る前から気持ち悪い。

Img_3873

スーパー林道を走る集団。公道レースのようでした。

Dscf5886

白樺峠を登り返し。あっという間に初級班はいなくなり、上級班もはるかかなた。PJさんの背中を見ながら登り、料金所で後続待ちの上級班に追いつきます。

ここから野麦峠(No.5)へ。最初は緩いアプローチ。途中実家に自走で帰るアンドーさんとお別れして、上級班のおしりに、こばやしさんと憑依。とてもローテには加われない。いずみさんとPJさんは前のほうで頑張っている。すると坂を利用して風さんがプチアタック。だんだんとペースアップして、逃げ集団ができたぞ。ほんとレースみたいだ。逃げを吸収したところで、なんとPJさんがアタック!さすが自走班班長!

おいらは本格的に峠の勾配がはじまったところで、千切れ組。人数が多いので、まわりにひともいて、安心して登りました。涼しくて排気ガスもほとんどなく、これぞ高原合宿。

Img_3930

Dscf5890

野麦峠に到着。おいらがオーベスト合宿で現地組と走ったのはここまで。あとは自走班で二日目の宿である開田高原へ向かいました。

まずは野麦峠を下るだけ、、、と思ったら、結構な勾配です。ゆったりサイクリングペースが苦しくなってきた。4人で垂れることなく走って、結局これは寺坂峠(No.6)というところと判明。つらいわけだ。

ダムまでくだり、ここから長峰峠をこえるのみ。徐々にペースアップしていき、いずみさんが絶妙の引き。生かさず殺さず。。。もうすこし速ければあきらめたところでした。が、後ろにへばりついているうちに何となく楽になり、先頭交代と思ってローテしました。ほどなく、とささんがアタック?!なんで?引いてくれよー、と思っているうちに、背中が遠くなり、追いかけたら、いずみさんが切れてしまった?

???なまま、とささんに張り付き、お互い意地の張り合いに。どちらも引かない、さがらない。サイドバイサイドのまま、知らない峠を走ります。どこまで続くか分からない、かといって自分からペースを落とすのも嫌。結局長峰峠(No.7)まで。つらかったけど、あとから考えると大変楽しかった。自分のなかの名勝負。次回はぶっちぎりで勝てるように精進しようっと。

Dscf5908

木曽馬がいる峠の小屋。

長峰でつらいのは終わり。そばやゴールです。ここからおとなの合宿のはじまり。

Img_3942

まずは最高の一杯を。

Dscf5913

そして名物のおそば、いわな丼。。。悲しいことに全然足りない。シノラーさんから昨日残ったおにぎりなどをもらい、胃に落とし込む。それでも晩ご飯が待ち遠しい。

Dscf5915

PJさんの定宿の上天気に到着。ここで、二日間お世話になりっぱなしのシノラーさん親子とお別れ。かましたさんもいっしょに戻られるとのことで。寂しくなります。

Dscf5925_2

残された面々は、さっそくお風呂&洗濯。かれーしゅーが気になる微妙なお年頃ですので、きれいさっぱりとしたい。どろどろの靴下やジャージ、パンツなど乾燥機でいっきにドライです。うれしいなぁ。

 

お風呂上がりに、ハートランド。胃にしみる。水分補給の30%はアルコール飲料だったかも。

Dscf5919

とささんの奥様も合流され、今度は白ワインで乾杯。

夕食は赤ワインで乾杯。。。赤x4に、日本酒4合、焼酎、ギネスと、酒をのむためにつまみで晩ご飯を食べる感じ。

Dscf5921

でも、食べ足りないので、バナナと呼ばれる地場産の野菜のからいおひたしで、ご飯を2皿。。。

Dscf5923

昨日とはうってかわり、落ち着いた中でぐっすり眠れました。静かだったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 04, 2007

調布~乗鞍ファストラン

レバ練の酒の席がきっかけで、ついに第一回目を実現してしまった調布~乗鞍ファストラン。糸魚川ファストランよりも予想通りきつかった。畳平までの完走者はひとりも出ないということが過酷さを物語る。

Chofunorikura

3:30AMに武蔵野の森公園に集合。コンビニで調達した朝ご飯だか夜食だかを食べながら、開会式。

Dscf5807

暗い公園であやしい集団。シノラーさん親子のサポートをうけ、8名で乗鞍を目指します。ひとりブラームスから参加のサルトさんのスペシャルアシストとして、ちょとらさんも現れ、計9名でスタート。

Img_3685

Dscf5815

長身で蒼いジャージが映えるちょとらさんの鬼引きから始まり、だんだんとペースアップ。大垂水はなんやかんやいいながら、チーム練みたいになってしまう。パワー系の峠だとやばいね。というわけでひとつめの坂、大垂水峠(月間峠コレクションとして番号をつけていくことにしました。大垂水が最初 No.1)を越えました。

Dscf5819

笹子までの区間でとささんパンク。サポートカーから替えのホイールがでてきて、あっという間に再スタート。すごい。結局、土日月とこれが唯一のパンク&メカトラブルでした。

Dscf5828

笹子トンネルまでのだらだら坂。標高710mまであがるし、峠をこえなくてもつらい。サルトさん苦しい展開。

Dscf5830

シノラーさん親子による手厚いサポート。このあとどんどん気温があがり、9名で計37リットルの水とスポーツドリンクを消費してしまいました。

第1CPの笹子トンネルでちょとらさんはひとり寂しくUターン。来年はいっしょに向こうの世界にいきましょう!

第2CPの道の駅蔦木から、いずみさんが合流。今月の末におこなわれるパリブレストパリに出場予定のすごいひとでした。走りがパワフル。増田偉人とふたりで先行するケースが目立つように。富士見峠(No.2)では、頑張ってついていき、3番手で越えました。

その後、先行グループを見送り、サルトさんと塩尻までご一緒。塩尻峠(No.3)を越え、第3CPの小山田公園についたら、先行グループがちょうどスタートするときだったので、休まずにボトルをいっぱいにしてからおしりに付かせてもらいました。

休まずに走りだしたわりには、脚が回復。サラダ街道の平坦では、いずみさんとふたりでローテ。追い風にも乗り、気持ちよく、そして心拍あがりすぎで気持ち悪くなりました。いずみさん速すぎて、引くことにならないんだもの。後続でローテする始末。

第4CPの波田コンビニで、塩分補給のため冷やし中華を食い、再スタート。。。と思ったら、冷たい雨が。ついに降り出してしまいました。ウェットな路面のなか、トンネルエリアへ。だらだら坂がつらい。増田偉人がペースをあげ、お見送り。いずみさん、PJさんも行ってしまった。かましたさんと二人で黙々と登坂。でも、オーベストがふたり揃うと、我慢大会になってしまうんですね。今回よっく分かりました。

Img_3761

そしてトンネル内分岐を左にいき、奈川方面へ。黒川渡からスーパー林道にはいります。雨があがるも、湿度が高く、汗ダラダラ。ボトルはからっぽなのに、補給ポイントがない。たまりかねて見つけた自販機にお金をいれるも、出てきてしまう?電源はいっていませんでした。わき水を汲もうかと悩みましたが、お腹を壊しそうなので、我慢。。。その先に、動いている自販機を見つけ、追いついてきたとささんといっしょに補給。一本飲み干して、一本ボトルにいれて再スタート。

最初は、とささんの背中が見えていて、それを目標に走るものの、だんだんと引き離されていきました。かましたさんとのランデブーで脚が終わっていたんですね。すると、前方にそのかましたさんが。。。脚完全に止まっていますね。

Dscf5837

かましたさんを抜いて、白樺峠(No.4)をこえ、乗鞍高原鈴蘭駐車場に。3:25PM到着でした。

Dscf5842

Dscf5843

しばし休んで、畳平をめざすか悩む。増田偉人さんでさえ、ここでやめるとのことだし、、、でも、登り始めたいずみさん、PJさんに続いて再スタート。

スタートして標高は1600m地点。ここから緩い勾配で標高を稼ぎます。普段ならがつんと踏めそうなのに、もうだめ。脚が終わっているから登れません。ふらふらと、1900m、2000m。。。関門の閉まる時間を考えると、もう畳平にはたどり着けないことは確定。はやくPJさんたちが上から下りてこないかと思っていました。ひとりで帰ってしまっては、登ったことが残らないから。

すると2100mくらいのところで、おふたりが停まっていました。あー、うれしいなぁ。ここで引き返すとのこと。ぼろぼろの写真をとってもらって、下山開始。

Sn370186

気温は16度。甲府当たりの灼熱地獄からは考えられない気温差。雨もふっていて、ガスもでて、視界も悪い。途中で登ってくるかましたさんと会いました。ここで合流し、4名で下ります。ほんと寒い。

で、無事宿にたどりつきました。ほんとお疲れ様でした。参加者全員無事、乗鞍高原まではたどりついたことになりました。よかった。

汗と泥と雨でどろどろの体を掛け流しの温泉で癒し、最高の一杯を堪能。

Dscf5850

Imgp1411

腹がへりすぎて、おひつを3回おかわり。デザートはとうきびでした。

Dscf5857

そのあと、オーベスト合宿現地組と合流しての大宴会。40人くらいいた模様。正確な人数は知りません。。。

Dscf5862

こばやしさん 寝ながら参加していますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 03, 2007

のりくら準備

明日からオーベスト合宿。

とはいっても、おいらはPJさん主催の調布~乗鞍ファストランにて自走でいくのがメイン。他のチーム員は現地にて集合して、登り三昧とのこと。ただ、お天気は絶望的だ。確実に雨だね。泥よけつけとこ。

で、昨晩からこつこつ準備。タイヤを張り替えたり、ライトの電池を充電したり。。。ちょっと備品に問題があって、今日はオーベストに緊急調達。近所にプロショップがあるというのはとっても便利だ。ついでにずっと欲しかったコネクトピンも。

Sn370185

これでチェーン切れをおこしても、なんとか帰れるはず。いつも持ち歩くのだ。

で、出撃にそなえて空気をいれていたら、フロントチューブから空気漏れ。バルブの根本が弱くなっていたみたい。いまのうちに分かって良かった。あした何にも起こらないように祈ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 02, 2007

雨かよ?

昨晩寝るのが遅くなり、睡眠不足。意外にも涼しくて、ぐっすり深い眠りに落ちていたので、目覚ましで起こされたときは、体がとっても重かった。そのまま寝続けてしまいそう。布団の誘惑に負けそうだった。

のそのそと支度をしているうちにだんだんと覚醒してきて、5:05AM出撃。この時間では集合場所に間に合わないので、鶴川街道を直進し、そのまま尾根幹へ。三鷹あたりの路面はドライだったのに、このあたりは水たまりまでできているウェット状態。靴びしょびしょ。。。雨降ったんですね。ゆっくり走って心拍を整え待っていると、おはサイ列車登場。

いきなりダンホさんが速くて、付き切れ。3km3%では車を抜いていくし、、、とてもついていけません。風さんと2番手で登りました。2周目は風さんの後ろで楽をさせてもらい、おそらく初のポイントゲットとなりましたので、その代わり3周目は長く引かせていただきました。そのままゴールまで行けるはずもなく、できれば早めに先頭交代して欲しかったのが本音。トンネルに入ったところで、お役目終了です。3周目ということもあり、脚にちからがはいりませんでした。

今日のローテは4名だったので、この人数ならクルクルまわさずに、ひとりずつ長めに引いた方がいいかと思いました。

おはサイのあと、ひとり居残りで重めギア筋トレをして、多摩サイを高速下まで。高速下であらたに設置された看板をよくみてきました。自転車ならどこでも練習できるからいいけど、車いすのひとまで締めだそうとするとは、、、、どこで練習すればいいんだ?まあ、条例で決まったわけではなさそうだし、強制力は0。競技練習ではなく、ダイエット?宗教的儀式?目的だしね。

Sn370184

そのうちに雨が降り出し、調布に戻ってきたときには本降り。。。今日の予報は雨でしたっけ?

で、午後の打ち合わせのため、すぐに車でGo。北関東エリアのお客様の工場へ。新たな製品ラインナップのため、初顔合わせのエンジニアさんから呼ばれました。かなり身構えていったのですが、肩すかし。往復5時間、打ち合わせはたったの20分ほど。うーん、もったいない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, August 01, 2007

お散歩スイム

仕事が落ち着いてから、お散歩代わりにスイムにいってきました。

Dscf8418

そうそう、8月1日はツールド沖縄の申し込み開始日。早速200kmに申し込み。171番だった。練習に身が入る。引き締まる思いだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

怒濤の8月

ちゃんぽんせずに、ワインだけで攻めたため、ひどい二日酔いではないが、量が半端ではなかったため、気持ち悪い。昨日参加し、ワインを呑んだ方々は本日DNSらしい。最初から半休やら有休にして参加していた人もいたからな。

家内のPC復旧に手間取り、お仕事から電話会議。。。終わりません。今日も自転車はお休みだな。

ついに怒濤の8月が始まった。走行距離は平凡だろうけど、獲得標高はすごいことになりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »