« つるしん速報~第4ステージ | Main | つるしんの余韻 »

Wednesday, August 15, 2007

ツル信レポート~第4ステージ

ついに最終日。なんかあっという間だ。最初は非日常だったことが、日常になってしまい、4時に起きて飯をくい、準備をして、6時過ぎにスタート地点へ移動して、7時スタート。。。という一連の動作に慣れてしまった。

本日のコースは最終日ということもあり、短め?

4st_1

実際のデータ。よく心拍数が抑えられた。最後は暑さでへろへろだったけど、涼しければ最後まで垂れない走りができたはず。

スタート直後は、ゆるい登りで、大垂水みたい。オベ練のほうがつらい。ついていこうと思えばいけちゃうけど、P王子監督のアドバイスにより我に返り、心拍を抑え出す。それでも場面場面で、勝手に指名したマイライバルやSK持選手と前後した走り。一度はメッシーにも追いついた。

4stp_1

そこから、シマノの2選手がつくる集団でまったりしてしまい、どうしようか悩んだ末、先行しているSK持選手を追う。シマノとの練習にきたわけではないもんね。単独でも自分の限界一歩手前で走った方がいい。

くだりでSK持選手をとらえ、良いペースで逃げているイメージ。でも、ここからSK持選手とシマノが一気に追い上げ。。。八方尾根に突入する前に捕まってしまいました。

SK持選手より、最後の登坂までに差を5分くらいにしておきたかったが、集団での追い上げでだいぶ削られた。くそー。

で、登坂開始。いっしょに登り始めたKもり選手にはとてもついていけない。P王子さんからSK持選手と1分半と教えてもらって、もう絶望。暑さにやられて、脚が回らない。結局SK持選手だけでなく、ほかの2選手にもとらえられて、へろへろでゴール。

 

Dscf6073

最終日ゴールしたら、泣くかも。。。なんて思っていましたが、いまひとつ。後悔したことがあるし。これは来年も絶対でてやらないと。

たけっちさんと記念写真。わたしの指は初完走の1。たけっちさんは黒星(リタイア)が2という意味だそうです。

Dscf6068

監督さんと記念写真。忙しい方なのになんであんなに強いんだろう。まったく背中すらみることもできませんでした。

Dscf6069

閉会式。もうみんな仲間って感じです。

Dscf6097

P王子監督の〆のビール。うまそうでした。実はこっそりひとくち飲みました。

Dscf6100

意外にも量があるそばでした。うまかった。

Dscf6101

で、諏訪の花火大会の渋滞をさけて、上信越~関越~圏央道とのりつぎ帰宅。意外と早く着きました。

おつかれやまでした。感謝しきれませんが、また来年もでたいです。ただ走るのではなく、ちゃんとレースできるようになって信州に帰りたい。

|

« つるしん速報~第4ステージ | Main | つるしんの余韻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/16141700

Listed below are links to weblogs that reference ツル信レポート~第4ステージ:

« つるしん速報~第4ステージ | Main | つるしんの余韻 »