« つるしん速報~第3ステージ | Main | つるしん速報~第4ステージ »

Tuesday, August 14, 2007

ツル信レポート~第3ステージ

試練の第3ステージが始まります。地蔵峠までの道が複雑なので、何度も復習をしましたが不安。

メッシー選手のご両親が応援に。

Imgp1134

仕事で迷惑かけっぱなしのとくはちさんも応援に駆けつけてくれました。

Imgp1143

本日のコースは、ビーナスラインをメインに走る観光にはうってつけのコース。しかしUpdownがきつすぎる。カテゴリー超級と1級。そのほかに脚を削る十分な勾配の峠が多数。

3st_1

実際のデータはこんな感じ。3900m近い獲得標高でした。

3stp_1

有名なヒルクライムの舞台である美ヶ原を登り始めます。レースに一度参戦、試走をあわせて4回目の登坂ですが、とまりそうな勾配。でもおいらだけが遅いわけではないと分かったので、じっくり脚を残しながら登ります。。。。が、思ったほど脚が残らない。心拍170オーバー、想定外です。ここまでやらないと登れなくなっていました。

湖あたりの平坦では、たけっちさんの後ろにつかせてもらい、先行する坂バカさんをとらえました。このあと、PanaのKもりさんとも連結し、3名の集団。いいペースで登りますが、坂バカさんがやはり強い。ちょっとしたカーブで置いてかれてしまう。そのうち、前方にSK持選手が見え始めました。1分遅れで峠を下りはじめ、いっきにとらえました。さらに京大、シマノとも連結し集団を形成。このままビーナスラインへ。

サポート登場。
Imgp1186

きもちいいビーナスラインを、気持ち悪い心拍数ではしる変態達。

Imgp1198

集団からSK持選手が飛び出していき、おいらもそれを追う展開へ。美ヶ原到達は集団のあたまをとることができました、うれしいなぁ。やっぱりレースだからね。

Imgp1235

ここからの下り基調の高速ローテで、Kもりさんがいなくなり、4人集団。このまま地蔵峠へのアプローチ。こういう平坦は得意なんです。ゾンビ脚炸裂で、後続をアヘアヘ言わせることに成功。アタックもできたんだけど、レースとはいえグルペット。先頭をながくひかせていただきました。

このハイペースで、先行する選手をぞくぞくとらえました。そのなかには、雲の上の監督さんまで。実際はコースを間違えた上に、熱にやられたそうで。

おいらも熱にやられ、途中の自動販売機で休憩をとりました。汗がひいてしまい、暑いのに鳥肌がたちはじめ、頭が痛くなってきたため。ジュースを3本立て続けにのみ、しばし休んで心拍を落としてから登坂開始。

標高が高くなるにつれ、楽に登れるようになって、ペースアップ。いっきにゴールへ到達。いや、うまく登れたなぁ。

ライバルのSK持選手より25分以上先着。ラーメンで乾杯です。

Imgp1255

上田の宿について、最後の晩餐。意外にもおかずが多く、おいしかった。

Dscf6066

 

|

« つるしん速報~第3ステージ | Main | つるしん速報~第4ステージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/16141581

Listed below are links to weblogs that reference ツル信レポート~第3ステージ:

« つるしん速報~第3ステージ | Main | つるしん速報~第4ステージ »