« おはサイ参加 | Main | ぐたぐた打ち合わせ »

Thursday, July 12, 2007

じっくり買い物

おはサイを終え、お仕事。久しぶりに電話会議から。。。ぐたぐたの電話会議。おいらが仕切れるなら、最初からこんなのは設定しないな。

電話会議が終わったらお昼過ぎだよ、遅めの朝飯くって、雑用すませて、なんやかんややっていたら、夕方になってしまい、出撃。お知り合いの方にお呼ばれして呑みながらの情報交換会。

なんとアルタ前集合というベタベタ。。。自分史上2回目の出来事。早めにいき本屋を物色。

熱にうなされてベットにくくりつけられていた間、フェルマーを読み返して、「はじめての数論」も読み進めたり、、、さらに知恵熱がでていました。で、いつも同時にいろいろ読むのがおいらの癖。いまのところ、日経新聞で連載中のチンギスハンの副読本として購入した「パックスモンゴリカ」がお気に入り。一度通して読んだんだけど、連載につれて所々読み返し。とっても楽しい。新聞での視点と、本の著者の視点がすこし違う。ひとつの事象、世界戦略の受け取り方が違う。東洋(新聞は堺屋太一)と西洋(本の著者はアメリカ人)の違いも感じる。新聞の連載がまだまだ続くことを祈る。チンギスハンの死後も続いて欲しいな。

で、もう一冊読んでいて「羽生」という思考法の本。将棋の本ではなく、最善手をめぐる脳の話しに近いというふれこみで購入したんだけど、結局将棋を理解していないとよく分からない。これでも高校まではそこそこ強いと自負していたので、楽しく読めたけど、もう一度読み返す本ではないな。

で、今日「ポアンカレ予想を解いた数学者」を購入。さわりだけ読んだんだけど、かなりおもろい。フェルマーの最終定理はなんやかんやいっても数式ベース。モジュラー形式がむずいけど、なんとなく分かる。まあ、大学で似たようなことをやった経験もあるんだけど。でもポアンカレは幾何学ベースでよく分からん。この先読み進める自信がないけど、いまのところはページをめくるのが惜しいほどの本かも。サイモンシンのぱくりっぽいのがね、ちょっと。ポアンカレを数学の位置づけではなく、おおきな人類史の中で説明しているのが。。。

で、脱線したけど、本を2冊購入し、沖縄料理を食らいながら情報交換。まあ、ちからになれることもあるので、協力します。人間こまったときはお互い様だ。さて、あしたは(仕事で)早いので、早く寝よう。でも本を読んじゃうかも。。。わくわくだ。

|

« おはサイ参加 | Main | ぐたぐた打ち合わせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/15738092

Listed below are links to weblogs that reference じっくり買い物:

« おはサイ参加 | Main | ぐたぐた打ち合わせ »