« 獺祭 おりがらみ | Main | 多摩サイ50 »

Sunday, March 04, 2007

オベ日曜練

昨日の練習会とあわせて、ステージレースです。

ファーストステージは、飯能 小沢峠山伏峠コース(通常の土曜練)
本日のセカンドステージは、奥多摩コース。おいらの自主練コース+αといったところ。

新奥多摩街道~五日市~都民の森(先頭折り返し)~甲武~その先折り返し~五日市~新奥多摩街道。

昨晩、I上さんからメールがあって、いっしょに参加することになりました。脚にちからが戻るか不安のまま就寝するも、ちょいと興奮して寝付けず。わくわくしている自分が居るな。おいらもまだまだ若いようだ。

で、6:40AM出撃。I上さんとは多摩サイのコンビニで2年ぶりの再会を果たしました。これからいっしょにバリバリ走って、がんがん強くなりましょう!手始めのオベ練ということで。

今回は、参加者が思ったより少なく、しかし強い人ばっかり。先発隊などわけずに、全員一丸となって出発。奥多摩街道を40km/hから45km/hで爆走。信号運もいいのか悪いのか分からないけど、青ばっかり。休めません。もう、五日市まで持たないと思いました。I上さんもローテに加わり、いい感じで走っています。つらいけど、楽しい。

睦橋をわたってから、信号ストップもあり、ちょっと余裕がでてきた。なんとかなりそうかな?でも戸倉のコンビニをすぎてから、ローテの順番が早くなり、よせばいいのに、ローテに加わり続ける。まあ、いけるところまでいくというのがおいらのテーマだからね。

本宿交差点を右折して、勾配がだんだんときつくなるともういけません。平地で苦しそうだったPJさんの背中がみるみる遠ざかり、集団からあっというまに千切れてしまった。あとは目の前にみえる背中をにんじんに、出来る限り心拍を落とさずペダルに力を伝えていく作業。

ここまでに相当脚をつかっていて、乳酸ですっぱい状態。脚の中身が空洞みたいだ。どうもおいらは耐乳酸性が弱いよう。ペースは上がらず、心拍は170を切ってしまう。心肺はまだいけるのに、脚が付いていかない感じ。これの改善策は、やはり走り込むしかないでしょう。平地ではなく、山。アウターにして都民の森まで登るとかいいかもしれない。

話しはそれましたが、弱いおいらはそのまま、ずぶずぶ状態のまま登坂を続け、ひとりで練習しているのと変わらない状況。ときたま近づく、白ジャージが気になりましたが、あとでシミズさんと判明。どうせなら、ベタ付きできるところまで、下がってきて欲しかった。差が縮まったと思うと、加速していき追いつけない。で、料金所の手前で、O谷さんに抜かれました。ついて行く気も起きないスピード差。

戸倉コンビニから1時間弱?(計測するのを忘れた)で料金所を通過。先頭がUターンしてくるまでに、料金所は通過しておきたいと思っていたので、目標はクリアー。でカーブを2つほど走ったところで、Bossが登場。

適当な計算だけど、やっぱり先頭は戸倉コンビニから1時間を軽く切るんだね。いまのおいらより20分タイムを縮めなければいけないのか。うーん。。。。

いっしょにUターンし、途中I上さんとすれ違い。やはり坂をこなしてないと登坂は厳しいですね。でもすぐに復活されるでしょう。これで帰路につくI上さんと挨拶をして、甲武トンネルを目指して2度目の登坂開始。

しかし、登り始めて10分ほどで、ハンガーノックに襲われ、ふらふらになってしまう。持っていたゼリーなどで補給するも時すでに遅し。途中リタイヤと決断し、コンビニにて緊急避難。十分補給し、休んでから、ひとり多摩サイにて帰路につきました。

ただ、時間もまだ早く、距離も短かったので、混んでいる多摩サイを避け、是政から矢野口コースへ。へろへろの脚をいじめてやりました。これを繰り返すしか、いまのおいらのレベルから脱する方法はないかも。とりあえずやってみよう。

天国にてなぜかケンタ選手を発見。なんで日曜練こなかったのかしら。

本日は150kmほど。月間累計は360km。

|

« 獺祭 おりがらみ | Main | 多摩サイ50 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/14131682

Listed below are links to weblogs that reference オベ日曜練:

« 獺祭 おりがらみ | Main | 多摩サイ50 »