« くらやみ練 | Main | 奈良出張 »

Wednesday, February 14, 2007

自転車操業

人間、ここで限界と思ったら、やはり終わりなんだろう。別に自転車の話しではなく、あたまの問題。この仕事をやっていると、後からどんどん新しい技術や考え方がでてくる。極端な話し、2週間前に自分がお客様に説明していたことが、覆されることがある。前の考え方に固執していたら、大変なことになってしまう。考え方に柔軟性を取り入れていかないと役に立たない人間になる。かといって、あまりころころと意見や説明を変えていては、信頼性に問題もでる。そのあたりはバランスが必要なんだろうけど、できるだけ真実と思え、それがお客様のためになることであれば、やはり変えていかないと。あんまり、バカ正直では悪徳商売のテクニックに引っかかってしまいそうだが。素直に、第一印象だけにとらわれないようにいかないとな。

良い国(1192)作ろう鎌倉幕府も、最近の学説では1185年になりそうだ。常識すら覆るのであれば、ビジネスの勝ちパターンなんて、いつまでも使えるわけ無い。新しい学説や論文が指数関数的に増えている医療の現場では、もっと大変だ。獣医さんから聞いていたことなんて、どんどん変わっていってしまう。家内が今回教えてもらった胃捻転のことだって、兆候と思われていたお腹のふくらみは、もはや末期にあたるとのこと。近所のじいちゃんが細々と営んでいる町医者を否定するわけではないけど、最新の論文を読みながら常に勉強する姿勢が感じられないと、若いあんちゃんの医者の方が信用できる。

現状に満足せず立ち止まず、進むというのは、仕事のやり方まで自転車だな。

|

« くらやみ練 | Main | 奈良出張 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/13919760

Listed below are links to weblogs that reference 自転車操業:

« くらやみ練 | Main | 奈良出張 »