« Sales Meeting | Main | 忙しいのに余計なことを »

Sunday, January 14, 2007

ドーパミン

脳の中に価値観はない。

先月届いたカード会社の雑誌のコラムがとても興味深かった。

真っ暗な部屋、頭蓋骨というものに閉じこめられた脳は、下界との接触は制限される。インプットされたデータから導き出した答えに対する評価は、ドーパミンという化学物質を伝達されて自己判断する。絶対的な価値観は生まれない。

おこなったことに対する対価として、ドーパミンがでたりでなかったり、で、その気持ちよさの度合いで良いこと、悪いことを判断する。。。ひとに限らず、生まれてから、環境と教育によって、ちゃんと良いことをしたとき、気持ちよい化学物質が伝達されるようにならないといけなんだな。ここを間違えちゃうと、社会的に悪いことをして、気持ちよくなることも当然あるわけで、一度そうなってしまったら、強制は効かないんだろうか。

子供を守るため、自己犠牲になる親のケースでも、頭のなかは、気持ちの良いドーパミンで動いているんだね。

なつめは、ちょっとうまく伝達されてない気がするな。悪いことをして、怒られているのに、ドーパミンがでているような。。。

おいらたち、自転車変態系は、苦しくて心臓が止まりそうな、生物的には危機的状況でも、脳はドーパミンをどっくんどっくん受け取って、「良いこと」しているってなるんだ。。。どこで道を踏み外したのかな?ことし富士登山競走を完走したとしても、タイムが悪かったら、ドーパミンでなかったりして。。。だんだん過激なことをしないと、気持ちよくなれなくなってくるんじゃないのかなー。怖い。

|

« Sales Meeting | Main | 忙しいのに余計なことを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/12937377

Listed below are links to weblogs that reference ドーパミン:

« Sales Meeting | Main | 忙しいのに余計なことを »