« 久しぶりの決戦前夜 | Main | リカバリー多摩サイ »

Sunday, October 29, 2006

富士200kmリタイヤ

納得の走りで、リタイヤを選択しましたが、やっぱり悔しい。でもいまできることは本当に全部やった。いまの自分の弱さが悲しいだけ。

走り始める前まで、できるだけ先頭集団にとりついていくか、心拍数をみながらできる範囲内で完走を目指すか、悩みました。でも、自分より速い人がいっぱいいる希にみる環境。いつもひとりで練習ばかりしているし、Zoneトレーニングならいつでもできると割り切り、先頭にとりつくことにしました。

Dscf4651

今年の初レース。。。かなり気合いはいっていました。

Dscf4647

仲間もいっぱい。Fitteの練習会にも参加していないから、一緒に走るのは5ヶ月振り。

1周目のパレード走行で、Fitteジャージの塊を形成。先頭の見える範囲にとりつく。2周目からフリーラン。いきなり速くなり、下りはいいけど、登りで心拍がいきなり190オーバー。興奮していることもあり、苦しくない。3周目あたりで、自分のいるところでは中切れが起きそうな予感がした。脚のあるA藤選手をもっと前にいくように伝えるも、なかなか前にでれないみたい。

そうこうしているうちに、やっぱり中切れ発生。この中切れ集団を脚のあるA藤選手が先頭をひく。坂を登るたび心拍は200オーバー炸裂。この時点で、やばいと思いました。5時間半も持つはずがない。でも行けるところまで逝くことに。ゴーフォーブロークンです。当たって砕けろ。

結構調子良かったんですね。それで頑張れちゃった。Fitteのライバルたちを置き去りにして、P王子さんといっしょに。途中ふたりきりになりましたが、実業団の選手が絶妙のペースで引いてくれて、息を吹き返しました。登りはゆっくりで、下りスピードアップ。風よけになってくれているので、1コーナーからしばらくの間、脚をとめて休めました。

でも30周を超える頃から、脚が限界に。。。ふともとを攣ったのは我慢できたのですが、股関節の筋が痛くなってきて、力が脚に伝わらなくなってきた。32周目でピットイン。ストレッチして、トイレにいって、米を頬張り、7分の休憩で再び走りだすも、もう2周するのがやっと。結局再度ピットインし、長めに休憩して様子をみましたが、1周してあきらめました。あと9周も走るのは無理。

Dscf4663

リタイヤ後。。。股関節痛くて、座ることができず。なんとか座っても今度は立てない。

32周で切れた時点で、おいらの耐久レースは終了したんですね。思ったより頑張れたことが収穫だけど、あの勢いで44周乗り切れる体を作らなければならない。あのスピードを維持する出力ワット数を5時間強維持できる体。。。

やはり練習しかないな。

走行距離は170km。試走10km。リタイヤしたけど、楽しかった。人も去年よりずっと少なく感じたし、小径車のカテゴリーがなくなったもの大きいと思う。それほど危険を感じなかった。きっと来年もでます。

Sn370010

社長のスペシャルバイク。。。こんな硬い自転車で5:10乗り続けるとは脱帽です。

|

« 久しぶりの決戦前夜 | Main | リカバリー多摩サイ »

Comments

今日はFitte軍団のおかげで楽しく走れました。
私など4周目で切れちゃいました。
やっぱり体脂肪20%では乗り切れません。

来年は・・・10%で頑張ろう・・・いや15%にしておこう。

Posted by: | Sunday, October 29, 2006 at 22:25

お疲れ様でした。
前半見事な先頭集団の走り。
来年が楽しみですね。

Posted by: ひろせ | Monday, October 30, 2006 at 07:44

>風さま
来年頑張ります。やっぱり酒を少しやめないと、これ以上の体脂肪率削減は無理なのかな。酒やめられないけど、強くなりたい。

>ひろせさま
いまは悔しさより悲しさ。頑張ればついていける範囲をこえてしまいました。有酸素運動の範囲、Zone3-4で乗り切れないとだめ。おいらは終始Zone4-5でした。能力の違いを実感しました。でもね、練習すればなんとかなるかもしれないと、希望は捨ててませんよ。練習頑張ります。

Posted by: おがわ | Monday, October 30, 2006 at 08:13

脱帽です。
数回、追いかけようと試みましたが股関節がへろへろでモツも感じ悪くて・・・あんなバイクに乗ってて恥ずかしい。

一から出直します。m(_ _)m

Posted by: とりJ | Monday, October 30, 2006 at 08:39

>とりJさま
頑張ろうね。おいらはゼロからスタート。また最初からベースを作り直します。当分レースの予定がないから、Zone4くらいで長時間の練習を取り入れながら、来年陽が長くなってから仕上げの練習。。。おいらも頑張るから、とりJさんも頑張ろう。とにかく乗るしかないのだ。

Posted by: おがわ | Monday, October 30, 2006 at 09:04

お疲れ様でした。
初めの1時間ちょっとしか一緒に走れない自分の根性の無さが情け無かったです。
それにしても少しの練習であそこまで復活するとはさすがおがわ君です。
正直驚きました。
来年一緒に5時間切りを目指しましょう。

Posted by: K本 | Monday, October 30, 2006 at 20:44

富士200ってマラソンに似ていると思います。スタートラインに経つ時点でレースは90%終わっている。それまでの練習がすべて。あとはそれを実現するのみ。まぐれも、本番での強さもあまり関係ない。来年は沖縄が目標です。沖縄のために、最高の状態で200km走れるように調整します。あと1時間我慢できる体を作ればおのずと5時間切りはできるはず。とってもいい明確な目標ができました。

Posted by: おがわ | Monday, October 30, 2006 at 21:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/12477396

Listed below are links to weblogs that reference 富士200kmリタイヤ:

« 久しぶりの決戦前夜 | Main | リカバリー多摩サイ »