« 期せずして、高負荷練 | Main | 脆すぎないか? »

Sunday, August 13, 2006

いい走りができた

スクランブル状態のため、USは土曜日でも作業中。でもメールがほとんどこないので、日本側ではやることがない。というわけで、思い切り走ってみました。仕事の重圧もここ何カ月も続いていて、だんだん慣れてきた感じがあるね。最初のうちは、夜も眠れず土日は悶々と過ごしていたのに、いまは大違いだ。

散歩をすませてからゆっくり8:40AMスタート。昨日の高負荷練で神経に刺激がはいったのか脚が軽い。いままでの練習で計測したタイムをことごとく上回り多摩サイを遡上。途中、エースさん、ちょとらさんとすれ違う。また見つかってしまいましたが、今日は折り返すことなく、ひとり都民の森を目指しました。

いい具合に、NしまのEランの人たちが目の前に広がり、ニンジン効果となりました。がしがし追い抜かせてもらい、先週よりも10分早いタイムで都民の森に到着。いつも10km/h以下でふらふらあがるのに、今日は12km/hくらいで粘れたよ。でも脚がよくなったというよりも、涼しかったからだと思う。都民の森の温度計は25度くらい。前回よりも10度近く涼しいもの。オーバーヒートしなかったのが良かった。

で、今日はここで折り返さず、峠を目指しました。脚に余裕があったというのもあるんだけど、オリーヴちゃんのお父さんの名前が入っている「風張峠」にどうしても行きたくなった。昨日闘病の末、亡くなったお父さんのことを考えながら登り、そのまま奥多摩湖方面へ。

今川峠だけ登って、青梅から帰ろうと思ったんだけど、雲行きがやばい。真っ黒な雲が前方に広がっている。時間は12:00PMを過ぎているし、降り出してもおかしくない。Uターンして、もう一度風張峠を登ることにしました。これくらいの勾配はきらいではない。ときたまダンシングをいれてガシガシ登る。もう今にも雨が降りそう。。。と思ったら、どしゃぶりになってしまいました。1時間きっての登坂でおいらには上出来でしたが、前がみえないほどの豪雨で、都民の森に一時避難。10分ほどしたら、さすがに小ぶりになってきて、ダウンヒルを開始するも、気温は22度まで下がり、下りでの体感温度はいったいいくつくらいなのか?震えるほど寒かったよ。

川乗山付近か?のあたりをすぎて、温かくなり、本宿のあたりは雨が降った形跡すらない。戸倉のコンビニで温かいカレーを食べて生き返りました。帰りもそこそこのペースを維持できて、本日の走りはかなり良かったと思う。練習を再開してそこそこ調子が上向きになってきたんだろうか?でもたかが2週間ほど、これくらいで速く走れるようになれるわけがない。やっぱり涼しかったからだろうな。

今日の最大の収穫は、雨の中で新車で走ってしまったこと。この先雨が続くみたいだけど、雨の中でも練習しちゃおうかな。。。なんて。

|

« 期せずして、高負荷練 | Main | 脆すぎないか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/11419403

Listed below are links to weblogs that reference いい走りができた:

« 期せずして、高負荷練 | Main | 脆すぎないか? »