« インターバル | Main | 矢野口朝練 »

Tuesday, August 29, 2006

Perfectを目指して

本日はこんなことがございました。

うちの製品もいくつか?展示されていて、プレッシャーを感じます。11月発表とのことで。。。

だんだんと光がみえてきたとはいえ、製品開発は大変です。ひとことでは言えないくらいです。苦行です。ハセツネよりも人生よりもつらいと感じます。80%の完成度で許してくれるメーカーなんて国内はおろか、海外でもいません。99%でもだめです。アポロ計画ではないですがイレブンナイン。99.99,999,999%の良品率を誇らないといけません。あくなき100%への追及。ハードとしての良品率、ソフトとしてのバグのなさ、安全性。そして著作権保護が厳しい製品に課された耐タンパ性。気の遠くなるほどの道のりです。製品がお店にならぶその日まで苦行は続きます。

100%への追及をするのは日本メーカだけではないですが、やはり日本のお家芸ともいえるほど、情熱と熱意、創意工夫はすばらしい。これは日本人特有なものではないかと思うくらいです。お付き合いしている日本のエンジニアはみなさん同じ目標をもっています。スキルについてはいろいろありますが、情熱は同じ。これは世界に誇れるもので、また厳しい日本市場も財産といえます。日本で培った技術は、世界に堂々と問うことができる。うちの製品も日本でもまれて、世界市場でがっちり儲ける戦略です。

一日一日を大切に、101%の力を出し切る努力を続けます。

|

« インターバル | Main | 矢野口朝練 »

Comments

BDってたしか50Gの容量ですよね?(今後はもっと増えるのかな)

自分は1枚のBDにガン○ム全話いれて
BGVとしてダラダラ鑑賞するぐらいしか今の所
思いつきません(笑)

99パーセントじゃダメは実感。
でもまったく予想外なバグや絶対ありえん操作
でエラー出したりとか・・
人間って不思議な生き物です

Posted by: にしご | Thursday, August 31, 2006 at 16:18

50GBをすべて使用して、一本の映画をいれるんですよ。超高画質!これをみんなやりたがっているんです。これがHDDVDよりBDが有利な点。たった一本の映画を入れるだけで、すべての容量を必要とするんです。

想定外の使い方も、実際にひとが使用して確認していくんですが、ソフトを作ったひとって、無意識でやばい動作を避けるんだよね。だからテストエンジニアは素人さんぽい人を別に雇うんですよ。これが怖い。でもバグはそれでも残っちゃう。

Posted by: おがわ | Thursday, August 31, 2006 at 21:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/11669298

Listed below are links to weblogs that reference Perfectを目指して:

« インターバル | Main | 矢野口朝練 »