« レバ練 | Main | 冬眠準備 »

Thursday, October 27, 2005

東京国際デジタル会議

WPC EXPO2005に併せて開催された「東京国際デジタル会議」。有料だったけど、申し込んで聴いてきました。内容は、、、行かなくてもよかったかな。

キーノートセッションでは、PS3のお話がよかった。いろいろ指針になるような話が聞けたし、自分の思い描いていた近い将来へのベクトルが間違っていない、少なくともSCEとは似ていることを再確認しました。

時代はデジタル4kに流れていくってもの。わたしの持っているプラズマは古いから1280x720の解像度。いまのTVはフルHDといい、1920x1080まで来ています。地上波の放送はこれで十分ですが、200万画素レベル。実際デジカメだと800万画素は当たり前だし、実験レベルではすでにフルHDを超える画素を扱っている。それがスーパーHDともいえる「デジタル4k」です。4096x2160の解像度。さらに1秒間に120枚を表現することで、超高精細を実現できます。これはすごいですよー。愛知博でNHKのパビリオンにあったプロジェクターがそのままTVになった感じです。でもあと5年くらいで商品化されてしまうかもしれません。そのときこのTVを使ってどんなサービスが提供できるか?

それこそ通信と放送の融合なんて通り越したサービスが実現できます。現在放送している番組すべてを画面にならべてもちゃんと見えるし、インターネット上の放送もいっしょにならべられる。ネットと連動しながら物を売りつけたり、USBカメラを使って双方向通信も問題なし。実際にアイディアをもっている会社も多いし、医療や教育への展開が速そうだ。

TBSと楽天がごたごたやっているのは本当にバカらしい。そんな暇ないよー、世界から取り残されてしまう。このまま何にも手を打たなければ、あと30年後、人口が8000万人くらいになって、中国にGDP抜かされて、40年後はアジアのなかで埋没してしまうことは間違いないことなんだから、いま一刻も早く布石を打っていかないと手遅れになってしまう。

現在9社ある大手家電メーカも来年から再編が始まっていくだろうし、そんな中での三洋電機 野中さんのキーノートは見ていて痛々しかった。現状をしっかり把握したうえで、無理の無い再建計画をしているのも分かる。技術力もあるのも分かる。でも、社会に不可欠な会社を作るのは難しい。すでに勝負がすんでしまい、その存在意義を問われている以上、無駄な延命処置は必要なんだろうか?どこかの傘下に入り、優秀な技術者が、会社の枠をこえ大活躍する場を奪っているかもしれない。

TVといっても、SEDから液晶、プラズマ、リアプロなどなどいっぱいあって、液晶はサッカーなどのスポーツ観戦には向いてないだの、なんだのお互いのデメリットを比較しているだけ。そうでもしないと差別化が難しく、一般消費者にアピールできないからなんだけど、いまとなってはどれもそれほど変わらないレベルまで来ているんだよね。今後はHDMIで全部デジタル処理になるし、ソニーの赤強調や、パイオニアの奥行き感など、スペックには載せられない様なところがなくなって、より一層価格競争に陥る可能性もある。

でもいつも言っている様にTVで一般消費者に何を映して、どのようなライフスタイルを提案するかまで考えないといけない時代になった以上、新しい価値観の創生は必要だ。ものを作るだけでは終わらないTVメーカは本当に大変。TVメーカはどんどん減っていくかもしれない。

で、今回の会議に参加して不満だったのは、いっぱいあるけど、ひとつはTVに映すときに必要な暗号処理の話がなかったこと。暗号化がどんどん複雑になってきて、TVに使う部品がこのままいくとアメリカの輸出規制に引っかかる可能性がでてきた。いままでは法律の解釈しだいでOKだったけど、今月から対中国において強化される方針が打ち出された。解釈しだいでNGになったら、本格的なTVは中国生産できなくなってしまう。それこそ安い単純な液晶TVだけしか許されなくなったら、映せるものは11年までのアナログ放送だけになっちゃうね。ほんとの話。

できるだけTVはHDMI対応を買ってくださいね。

|

« レバ練 | Main | 冬眠準備 »

Comments

既に取り残されてしまっているから、何の自覚も無い張りぼての様な方々が村の寄り合いで内向きの議論(談合)をのんびり繰り返しているという見方もあるかも・・

Posted by: sartohajime | Friday, October 28, 2005 at 12:20

いろいろなリスクがあって、もしおいらが経営者だったら胃が痛くなって悶絶しそう。議論できるうちはまだまだ余裕なんですよね、きっと。物を欲しがらない消費者に無理やり買わせないと、事業が立ち行かない時点でビジネスモデルが崩壊しているとしか思えません。TVもGameも楽しむ暇ないし、そんな時間あったら自転車のりたい。

Posted by: おがわ | Saturday, October 29, 2005 at 13:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/6687803

Listed below are links to weblogs that reference 東京国際デジタル会議:

« レバ練 | Main | 冬眠準備 »