« 麦草と十石 | Main | やる気満々 »

Sunday, August 21, 2005

馬越とぶどうx2

となりのサイトのアホどもが深夜2時すぎまで、はしゃいでいて、ぐっすりとは眠れず。しかし、野辺山は本当に涼しく快適。はっきり言って寒いくらいです。

かりんちゃんも昨日はしゃぎまくった疲れからか、5:30AMまで大人しく、昨日よりゆっくりと起床。ベーコンエッグとパスタで朝食。そして、今日も8: 00AM 単独山練第二弾スタートです。野辺山駅から川上村方面へ曲がり、小海線沿いの道を一気にくだります。付近は一面の白菜、レタス、サニーレタス 畑。すがすがしいです。川上村から1600mクラスの天狗山へとつながる馬越峠。目の前が高い山で囲まれており、峠は姿形もみえません。気温は24度くら いとすずしく勾配がきつくても頑張れます。馬越峠、わたしなめていました。思ったより長くてきつかった。カーブごとに数字がふられており、麓の1番から始 まり峠で40番くらい。32分ほどで峠ゴール。

峠にある南相木村の地図を確認してくだります。カーブの番号はそのまま連番でつながっており、立原高原をこえたあたりで80番を越えました。。。馬越峠は 相木方面からのほうが確実につらいです。10%の標識が頻繁にあらわれるし長いし、この時点で上り返して野辺山帰りはあきらめました。

南相木をぬけ、北相木へ。ここからぶどう峠を目指します。だらだらと続くアプローチ。コンビニなどあるわけもなく、とある集落の郵便局前の自販機で糖分補 給。持っているのはパワージェル2発のみなのでハンガーノックの不安がありますが、仕方ない、もくもくと登り始めます。長者の森からぶどう峠まで残り 2.6kmの標識。ここからカーブは32番から減っていきます。オーベスト合宿のときのつらい登坂を思い出しますが、意外なほど楽に登れます。前回は 26Tでしたが、今回は23T。それなのにシッティングで登れちゃう。三鷹から自走したことが、とんでもない疲労となり、へろへろだったことが証明されま した。峠まで18分?ほどかかりました。本当に2.6kmなのかなあ?

tt9

峠でパワージェルとアミノバイタルを注入し、上野村側におります。今回のメインはぶどう峠 上野村側から17kmのアタックです。長い長いくだりの途中で 引き返そうかと思いましたが、299号の合流地点まで頑張りました。ここでコーラで糖分補給をして、Uターン。

心拍160程度の全開1歩手前くらいで登ります。ダンシングを繰り返し、できるだけスピードを落とさぬように。車やバイクが意外に多くて大変でした。道が 狭いので、車同士がすれ違えず立ち往生していることが数回。そのたびに足をつくことになりました。上野側からのぶどう峠、カテゴリー1級ですね。長くて、 もう終わりかと思っても、なかなか峠につきません。距離にして17kmで、標高差は800mくらいかな。時間にして1時間1分でした。頑張れば1時間きれ たかも。

ぶどう峠から相木をぬけ、小海へ。141号にでて帰る事にしました。とても馬越を通る気がしない。。。だんだんと雲が広がり、松原湖のあたりから雨となりました。雨宿りを兼ね、コンビニにてパスタで炭水化物補給。小雨になってきたので、野辺山へと登坂開始です。だらだらと400mほどUp。とくに市場坂がつらいね。110km 行動時間6時間。

-----------------

8月の通算練習量
バイク累計 1090km (矢野口 x3 : オーベスト合宿 : Fitte富士山 : 奥武蔵 : 松戸往復 : 野辺山山練x2)
ラン累計 10km
軟弱ローラー練習 4回

|

« 麦草と十石 | Main | やる気満々 »

Comments

My partner and I stumbled over here different page and thought I should check things out. I like what I see so now i am following you. Look forward to looking over your web page again.

Posted by: monster legends trainer | Monday, May 19, 2014 at 10:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/5585632

Listed below are links to weblogs that reference 馬越とぶどうx2:

« 麦草と十石 | Main | やる気満々 »