« 山岳ラン月間 | Main | 一晩たって »

Sunday, July 03, 2005

北丹沢12時間耐久

去年のレポートにあるように、届かなかった7時間台を今回出すことが大目標。でも、ランの練習不足なのが分かっているだけに不安があります。

3:50AMに起床し、がらすきの中央道を使って現地入り。ETC早朝割引にもなってラッキーです。5:20AMに到着。すでに変態さんたちが集まっていて、駐車場入り渋滞。渋滞の時間を使って車中で準備をしました。

P王子さん、S山さんと合流。その後、マリアのしゅうさんとも合流できました。スタート前の元気な姿です。今年は昨年よりだいぶ参加者が増えていました。変態レースブームなんでしょうか?

DSCF1101

スタート位置は、去年と同じようにおとなしく後方へ。でも今回の参加者の数を思えば前の方にいけばよかったと反省です。スタート後、しばらくして登山道に入る箇所での渋滞がひどくだいぶ時間をロスしました。

昨年の反省を踏まえ、下痢をしない食事と補給食を考えました。早い時間においなりさん。補給食はアミノバイタルのみとしました。登山道の振動で、腰への負担が多すぎて、胃と脾臓に負担が大きく、内臓全体に血が回らなくなります。重い食事は避けました。

さらに心拍計をつけ、体への負荷をモニタリング。常に85%以下、前半は75%~80%に抑え、後半勝負、下り勝負としました。

スタート後の登りを無難に、前の走者が遅くても強引に抜くことはやめ、心拍は150前後。良い感じです。最初の難所は「鐘撞山」ですが、去年はこの下りで脚を使いすぎ、膝が痛くなりました。今年はゆっくりと、後ろから来る早い人に道を譲りながら下りました。

第一CP通過 3:15 。昨年は給水はおばちゃんだったのに、若いおねえちゃんがたくさんいて、本当に癒されました。掃き溜めに鶴状態。ついツーショットをお願いしてしまいました。この写真をとったり、補給したりと10分ほど浪費。。。でも悔いはまったくありません!

DSCF1107

第二CPまでは長い長い下りのアスファルト。ここで走り通すと膝がだめになってしまうので、無理をせず歩きを交えて。。。この間、50人以上に抜かれたと思います。ランの脚ができていないので、平坦と下りを走る衝撃に耐えられないんですよね。

第二CP到着 4:55 。わたしより早いランナーが続々とこのCPでリタイヤしていました。登って下ってという衝撃の加わり方はランだけでは想定外の動きなんでしょうね。

DSCF1114

ここから最大の難所「姫次」へ。この登りで、いままで蓄えていた力を解放しました。心拍は180オーバー。がんがん抜かして行きます。でも、思っていたより登りがつらく長かった。スパートしなくてもよかったというのが今回の反省です。長く良い脚を使うほうがよっぽど速い。「姫次」山頂到着 6:40 。この時点で、8時間をきることをほとんどあきらめていて、写真を撮ったり、他のランナーの写真を撮ってあげたりと10分ほど浪費。。。

DSCF1123

のこり9kmの下りに突入。去年のイメージが残り、ちょっと脚が前に進みませんでしたが、膝をだましだまし小走りで。。。坂を自由落下する気持ちでふわふわと。そんなことを思い描いていたら、なんかあっというまに「残り5km」の標識。この時点で8時間まで残り40分。「なんだ、余裕じゃん」と思って、痛くなってきた脚をさらに使います。

「残り3km」の標識を見てもまだ余裕だったのですが、あとから考えるとこの標識うそつきでした。全然先が見えません。残り3kmの段階でも標高は1000mほどあるし、ここまで来たら8時間をきるために必死です。あと1kmだか2kmだか分かりませんが、いけるところまで全力。最後国道にでたときは、ほっとしましたが、ここからゴールまでも1kmほどありそう。。。自分の時計では残り3分くらい。最後まであきらめず痛い足を酷使し、ラストスパート。ゴール 7:59:40 。20秒前でした。

自分に勝てた喜びでいっぱいです。我ながら良い根性みせた!

DSCF1126

反省点:モンベルのキャメルバック 長谷恒カップに続いて、水漏れ。しっかりとはめたつもりだったのに。。。結局背中から足を伝って、水が靴の中にたまりました。走るたびに「ぐちょぐちょ」。。。つらかった。

|

« 山岳ラン月間 | Main | 一晩たって »

Comments

目標達成おめでとうございます。
富士登山競争といいギリギリが多いですね。
でも物凄い達成感のはず。
ゆっくり体をいたわってあげてください。

Posted by: k本 | Monday, July 04, 2005 at 01:59

ともかく完走そして目標達成おめでとうございます。 しっかり体をケアーして上げて下さい。
超怒級の酒手に入れました。その内やりましょう。

Posted by: ひろせ | Monday, July 04, 2005 at 06:10

k本さん ひろせさん
来年はぜひ?ごいっしょしますか?ただいま大変な筋肉痛と闘っています。十分に休養したいと思います。

Posted by: おがわ | Monday, July 04, 2005 at 07:16

お疲れ様でした。
そしてレポートが速い!!

僕はその後のアイシングやバンテリンなどが効いてるのか、フルマラソンの後のダメージほどは無く、マッサージや鍼のお世話など不要のようです。

今年の7時間23分から来年は6時間30分斬りを目指しますよ!

Posted by: しゅう | Monday, July 04, 2005 at 08:28

しゅうさん
恐れ入りました。ランの脚ができてきているんですね。完成したらフルマラソンも来年の北丹沢も余裕で楽しめることでしょう。羨ましいです。

わたしもこつこつ脚を作ります。やはり通勤ランって効きますね。これからの暑い時期をどう乗り切るかが、秋のマラソンシーズンの課題ですね。

Posted by: おがわ | Monday, July 04, 2005 at 08:43

おがわさん、しゅうさんの熱いレポートには感動しました!やっぱり最後は限界まで追い込んで下ってしまうんですね。読んでいて、数年前のハセツネゴールのシーンが甦ってきます。日の出山から膝や脚が痛いにもかかわらず、猛然ダッシュしたことを。。。
とにかく今はゆっくり休んで静養されてください。おつかれさまでした。

Posted by: capy | Monday, July 04, 2005 at 23:27

Capyさんの穴レポートも読ませていただいております。熱い、いや深いレポートですね。長谷恒の試走練習会やりたいですね。そのときは亀仙流でよろしく。

Posted by: おがわ | Tuesday, July 05, 2005 at 09:20

Hello! This is my fіrst visit to your blog! We are a team of volսnteers and starting а new project inn a community in the same niche. Your bblog provided us useeful information to work on. You haѵe done a wondeerful jоb!

Posted by: text app for tablet | Wednesday, May 28, 2014 at 09:07

Nice post. I learn something new and challenging on sites I stumbleupon everyday. It's always interesting to read through content from other writers and practice a little something from their sites.

Posted by: Best Dating Sites | Saturday, November 22, 2014 at 18:15

Wow, this article is pleasant, my sister is analyzing these things, so I am going to let know her.

Posted by: loans till payday | Monday, February 09, 2015 at 16:37

I have learn several excellent stuff here. Certainly worth bookmarking for revisiting. I wonder how a lot effort you set to make this type of excellent informative web site.

Posted by: match.com | Tuesday, February 10, 2015 at 17:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/4815016

Listed below are links to weblogs that reference 北丹沢12時間耐久:

« 山岳ラン月間 | Main | 一晩たって »