« いざ糸魚川 | Main | 帰路 »

Saturday, May 21, 2005

糸魚川当日

詳細は写真と共にレポートを後日作成します。

0014Fitteの脚質別チーム分け最上位であるAチームのK藤さん、I塚さんのペースについていくだけで精一杯。ある程度自分のペースで走れた昨年とは大違いで、何度も千切れそうになりました。大垂水は抑えて登ってもらったからよかったけど、その後はいっぱいいっぱいで、常に心拍180オーバー。結局富士見峠で背中を見送ることになりましたが、このときは心拍200オーバーで、どうしようもない状況でした。ここからは一人旅と割り切るものの、遠くにちらっと見えるFitteのジャージを励みに追いつくことを目指して全開走行を続けました。

中河原の交差点を曲がったところ、Fitte軍団AチームとBチームが停車中。。。なんと、セダンにのったおっちゃんが、文句を言いながら追跡し幅寄せ。強制的に自転車を止めさせ、駒Gを突き飛ばした事件が発生した瞬間でした。駒Gは突き飛ばされ、ガードレールの向こう側にまで自転車と一緒に転倒。チーム全員で口論となり、20分ほど時間を無駄にしました。人生経験豊富な駒Gは、みんなのタイムが遅れてしまうことを気にして、すりむけた腕を気にすることなく走り、全員揃って塩尻峠へ。突き飛ばしたおっちゃんも、まさか若々しい走りの駒Gが、自分より年上だとは思わなかったようで。。。この20分ほどのインターバルで、わたしはチームに合流でき、少し休憩することができました。

2558その後の平坦や下りでは少し引くことはできましたが、ゴールまで終始お荷物となり、結果9:26:35 総合16位でした。富士見峠から一人旅だったら、10時間ぎりぎりだったかと自己分析。スタート直後からゴールまで力を出し切ったため、これまでで一番の疲労感が残りました。汗をかきすぎて、顔中、体中塩だらけ。

無事完走できたので、それが一番です。無事だったらこれから練習して強くなれる。10月にはきっと。

ゴール後ビールで水分補給。やきとりでプロテイン。これが楽しみで、洞門エリアを走っているときから、ビール、ビールと励みに走りました。300km走って飲むビール、本当にうまいです。

0015Maxvalueにて大量の買出しをし、20人揃ってFitteの宴会と続きました。宴会最中から沈没していく人多数。わたしは肉体疲労と内蔵の過度の負担により、配られたお弁当すら持て余すほど。大好きなアルコールも控えました。それでも生2杯と発泡酒、チューハイくらいはいただきました。

|

« いざ糸魚川 | Main | 帰路 »

Comments

お疲れ様でした。
人があれだけ塩がふけるという事が初めて判りました。
おがわくんは凄いと思いました。
私はあそこまで頑張れた事はありません。
来年はサポートに廻りますのでまた頑張っている姿を見せてください。
でも駒Gは偉いね~やっぱり凄い人です。

Posted by: k本 | Sunday, May 22, 2005 at 21:36

ヘルメットから流れてきた汗が目に入ったとき、もう開けていられないほど、目が痛くて困りました。そんなに塩だらけだったんですね。

Posted by: おがわ | Sunday, May 22, 2005 at 22:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42907/4236625

Listed below are links to weblogs that reference 糸魚川当日:

« いざ糸魚川 | Main | 帰路 »